あらけんのブログ『やれない理由探す暇があるなら、どうやったらできるか考えれば良いのに』

MAIZOKINで埋蔵ケータイ掘ったり。ビジネスの話や日常思っていることなど。

埋蔵携帯は2年間で、500億ではなく1.2兆円増えたのではないか?

ガラケースマホの中に入っている写真や動画等のデータを取り出した上で買い取る、アルバム機能付き買取アプリMAIZOKINを開発している荒木です。

ガラケー中の写真とか捨てずにみたいですよね?1台2000円でデータを取り出します。

スマホ買取MAIZOKIN 自宅の要らなくなったスマホが即現金に!データは消えずお手元に。

 

さて、MAIZOKINの開発も4月公開に向けてどんどん進んでいますが、VCさんやビジネス関係者と話をするときに“市場規模”の話になります。

我々が参考にしている数字というのは、ゲオさんと関西大学の調査データです。

http://www.geonet.co.jp/news/3341/

 

2年間で1.65兆円から1.7兆円に増えた。これが、埋蔵携帯の市場価値としされています。

しかし一方で、市場規模という言い方で他の市場と比較するときに、“年間250億円の中古スマホ市場”と“2年間で500億円増えた埋蔵携帯市場”って、なんか規模的には似たような感じに聞こえますよね。

けれども、“年間250億円の中古スマホ市場”と“1.7兆円の埋蔵携帯市場”って比較すると今度は誇大広告すぎてずるいなと。年間の規模と合計の市場規模を比較するのもナンセンスで。

 埋蔵携帯市場って年間でどれぐらいのポテンシャルがある市場なのかを知りたいなと思ったので、簡単に推計してみました。

 

1、まず、2年で500億円について考えてみる

2年前は1.65兆円、今が1.7兆円。

確かに500億円増えているけれども、体感としてはもっとありそうな気がする。

だって、年間3800万台もスマホが売られているのに中古流通は200万台しかない訳で。キャリアの下取りが200万台(下取り・売却経験者は合計10%というアンケートより推測)だとして、3800-400=3400万台。

破棄などを考慮して仮に3000万台が2万円の価値で埋蔵されたら6000億円でしょ?

それが、2年で500億=1年で250億円って、ちょっと少ないなと。

 

そんなことを考えらながら自宅でコーヒーを飲んでいたら、ふと、“流れる水は腐らない理論”を思い出した。流れる水を貯めておくと、見た目は1日後も同じだけれど実際には昨日の水ではなく今流れてきた水が溜まっているから昨日とは異なる水が溜まっているという理論で、自分で名付けたよく使っている理論だ。見た目一緒だけど、循環して中身は違うものになっているという事。

 

そう、1.65兆円の埋蔵携帯と2年後の1.7兆円のうち、1.65兆円部分は入れ替わっているのだ。だって、中古携帯は毎月価値が下がるのだから。

1.65兆円のうち、中古として売却したり、破棄したり、家族にあげたりする部分はたいした額ではないが、中古としての価値は数分の一だろう。

つまり、2年で新規埋蔵されているのは500億円ではない。おそらく数千億円。

f:id:arakens:20180120193420p:plain

 

2、2年でどれぐらい下がるのか

全機種の2年前と今を調査するのは無理だとして、ざっくりどれぐらい下がるのだろうか?AndroidiPhoneガラケー、それぞれ下落曲線は異なるだろう。iPhoneが一番購入価格から落ちないはずだし、ガラケーはほぼ0円のはず。

今回はざっくり推計できれば良い訳なので、適当にググって2つの機種を比較してみた。新品と中古ではなく、中古価格と中古価格比較。

iPhone6 64 GB SIMフリー

 2015年9月の買取価格45000円、2018年1月の買取価格13000円

XPERIA Z1 SO-01Fの買取価格10000円、2018年1月の買取価格3000円

 

どちらも1/3強になっていたが、集計期間が2年よりも長かったので、今回は、2年で1/3になると仮定することにした。

 

3、新規埋蔵部分計算(上記

1.65兆円の埋蔵携帯は2年後に5500億円の価値に下がっている。

1.7兆円-5,500億円=1.15兆円/2年が新しく埋蔵された携帯

=年間5,750億円

実際には、2年間で廃棄されたり売却されたりして1.65兆円部分はもっと価値が毀損しているはず。年間の中古スマホ市場が200-250億円なので1.65兆円から200-250億円は竜種映している=新規埋蔵もその分増えて入れ替わっている。その部分を足すと、ざっくりと

=年間6000億円、新たに埋蔵している事が分かった。

 

4、考察

ざっくりとした推計なので6000億円という数字には意味がない。

3000億円かもしれないし、1兆円かもしれない。

そんな事はどうでもよくて、問題は毎年埋蔵されまくっていてもったいないという事だ。この中の半分でもリユースやリサイクルに回されたら、人の生活は確実に変わると思いませんか?

 車を買うときに中古?という選択を考えるのと同様に、スマホを買うときにも中古を選べる時代になっているかもしれないし、中古で買うならキャリアショップやECで買う事になり、3キャリアの回線からMVNOへの切り替えも進むだろう。

 

 そうすると、中古スマホ格安SIMでみんなの平均携帯代が安くなる事になり、その自由に使えるお金が増える。その財布はどの市場で消費されるのか。

 

 また、キャリアショップへ行かなくなるという事は、機種変は自分で行う事になる。主婦やシニアが自分で機種変ができるのだろうか?答えは、NO。

 

 中高生ではみんなiPhoneにしているせいで、Androidだと仲間外れにされたり恥ずかしい想いをする文化があるらしいです。だったら中古でもiPhoneがいいと。中高生にとっては死活問題ですよね。これが、中古で買って、機種変時に中古として売却できたら。スマホ本体の負担が減るという事は、キャリアの24分割を使わなくてもいいという事なので、中高生でも安価にMVNOを使う事ができますね。

 

 私が描いている3年後の世界は、ECで中古iPhoneを購入時に機種変オプションを選ぶと、専門知識を持ったサービスマンが自宅まで端末を届けに来てくれる。アプリ等データの載せ替え、LINEの載せ替え、二段階認証アプリの切り替え、仮想通貨パスワードの保存、不要な写真や動画データのクラウド保存などを、全部代行してくれている。

 そして、新しい端末にフィルムやケースを付け、端末の保証や保険を付けて、使い方などのよろず相談を受付け、最後に元の機種をその場で買い取る。

 ここまでやると携帯が新しく埋蔵される事を防ぐ事ができる。言い換えると、6000億円の埋蔵携帯という新しい産業が生まれるという事だ。そんな世界を作るために、あいりぺは全国で修理人を増やし、今年MAIZOKINアプリを作っているのだ。

 

5、埋蔵携帯の堀り方

 そんな3年後の理想はともかく、現時点で年間6000億円分も埋蔵させている訳で、なぜそんなに家に埋蔵させてしまうのかは、いろいろな機関が調査を行っている。

 もちろん、弊社あいりぺでも独自調査として、ヒアリングもアンケートも行っている。それらを照合すると、携帯を埋蔵させている理由としては下記5つである。

 

1、売れる事を知らなかった

 →これは納得。ガラケー時代からそもそも元の携帯が売れるなんて発想はない訳で。誰か大手がテレビCMでもやって「携帯買い取りまーす!」なんて訴求してくれるとありがたいのだが。どうですかね?ゲオさんとか。

 

2、なんとなく
 →これも納得の理由。企業は合理的に動くのだが、人は合理的ではない。いままで同様とりあえず引き出しに入れておく、という行動をとる方が自然だろう。これは、キャリアが下取りを活性化させている事や、CASHさんなど即時買取市場が活性化亜する事で、そのうち自然と解消されるだろう。

3、思い出の写真などが残っている

 →そう。これは取り出してあげたい。7歳の息子が生まれたとき、飼い猫が家にやってきたとき、おじいちゃんが元気なとき。みんなガラケーや古いスマホに写真と動画を貯めているのだ。これはMAIZOKINが早くアプリリリースして、どんどんアルバム機能に蓄積してあげる事で解決されるはず。

 

4、個人情報漏れるのが怖いから

 →iPhoneAndroidガラケーも、なんとなくゴミ箱に入れてはいけない気がする。中のデータが漏れるのが怖いからだ。端末の初期化だけでは不安という人もいるだろうし、そもそも端末の初期化だけで完全にデータ消去ができているのか普通の人は知らないだろう。実際には。業者が業務用機会でデータ消去を行う事で個人情報の漏洩は防げる。MAIZOKINもデータ消去には気を使っているため、弁護士、税理士等データ管理に気を使う士業、端末処分に困る中小企業などと提携を進めています。

 

5、画面割れてるから売れない

 →売れないですよね。でも売れないからといって机に埋蔵させていても価値は下落させてしまうだけで。早めに処分したほうが吉です。MAIZOKINはもちろん画面が割れていても、電源が入らなくても買い取ります。壊れていても、分解して修理用のパーツにしたり、自社で修理してレンタルに回したりできますので。

 

 

以上。

埋蔵携帯は2年間で1.2兆円(年間6000億円)増えたのではないかと考えました。

携帯に中古という選択が選べて、しかも機種変時に下取りしてくれて、データの載せ替えとか全部出張に来てくれて楽にできる。中古端末も分割払いができて、金利手数料はMAIZOKIN(株式会社あいりぺ)が負担する。

 

そうか、自分はジャパネットタカタを作りたいのか。そういえば、地元が同じ佐世保市だ。

そのときに備えて、タカタ元社長のモノマネを今のうちに頑張ります。

 

※4月のアプリ公開までは、MAIZOKIN体験版として端末の写真・動画の取り出しサービスを行っています。1台2000円

maizokin.gold