あらけんのブログ『やれない理由探す暇があるなら、どうやったらできるか考えれば良いのに』

MAIZOKINで埋蔵ケータイ掘ったり。ビジネスの話や日常思っていることなど。

RIZAP(ライザップ)とFiNC(フィンク)とMuscle Deli(マッスルデリ)

葛藤の長いトンネルを抜けるとプロデブであつた。

f:id:arakens:20170527203419p:plain

高校まではスポーツマンだった。

バドミントン部でキャプテン、エースとして県大会を勝ち抜き九州大会ベスト8、身長169cmで体重は54kgだった。

なんだ、ただのスポーツマンじゃないか。

大学に入学した時、受験勉強で重くなった自分の体重は60kgを越え、人並みに体重を気にしつつ、人並みに堕落した生活を送っていた。大卒時の体重は確か70kgを越えたぐらい。それから鍋ばかり食べる低炭水化物ダイエットで減量し、62kgまで戻した記憶がある。

それから13年をちょっとだけ省略して、今の体重が108kg。(温泉地測定)

なんだ、ただのメタボじゃないか。 

丁度体重が2倍になったという事だ。

佐世保の片田舎に居た高校生時代は、きっと煩悩が半分の54個だったのだろう。

 

自身がデブであることはうすうす0.02mmぐらい感じていたものの、36歳でこれまで病気ひとつ怪我ひとつしてこなかった自分としては、なんとなくめんどくさい問題だと、減量を避けていた。

 

仕事上有利になっているのか不利になっているのかはわからないが、特に仕事上でデブが問題になったことはない(と思っている)。VCからの投資も受けている。

 

遊び上有利になっているのか不利になっているのかはわからないが、特に遊び上でデブが問題になったことはない(と思っている)。可愛い彼女も居る。

 

実生活に支障があるとしたら、自宅の体重計がERRとしか表示してくれない事ぐらいだろうか。99kgまでは表示してくれていたのに。反抗期だろうか?

 

しかしながら、心の中ではやはりいつかは痩せて健康な体を手に入れたいと思っていた。優先順位が低いだけで、いつかは、と。

 

2年前、某起業家先輩格の方からトライアスロンを勧められた。

バイクを買い、ジムに通い、パーソナルトレーナーと一緒にスイムを鍛えた4ヶ月間。

初レースは、強風のため中止になった。

そして張り詰めていた糸がベルトの様にはち切れ、全くジムに行かなくなり、バイクも友人に売却した。今頃はどこを走っているのだろうか。

 

今日5月27日、1年以上行っていなかったジムを解約した。

なぜなら、幽霊会員として毎月オア○ス様へ上納している1.5万円の有効活用を思いついたからだ。

それは、マッスルデリ。

Muscle Deli│マッスルデリ

Muscle Deliはトレーニングをしている人や体づくり、ボディメイクに取り組む人に最適な栄養素のつまったお食事をお届けするサービスです。Muscle Deliの食事は脂肪を減らし、筋肉を増やすために役立ちます。 「何をどれだけ食べたらいいかわからない」、「自分に合った栄養素の計算や調理をする時間がない」といった悩みを解決し、あなたの目標とする体の獲得をサポートします。

 

もうね、このサービスを見つけた瞬間、身体の中を肉汁が走ったわけです。

これだ!っと。

 

 

【短期的な減量について】

ライザ○プという短期的な減量を行うプログラムがあるらしい。

超、うらやマシい。マシマシにしたいぐらい。

結果にコミ○トするらしく、芸能人や著名人が華麗に変身しているそうだ。

自分はライザ○プをやったことが無いが、きっと素晴らしいプログラムなのだろう。

 

しかし、自分の様なプロのデブから言わせると、短期的に減量したところで、また減量前と同じ食生活を送ることで、元どおりの身体を手に入れることが可能であることは、容易に想像がつく。

 

デブは、脳みそが太っているのだ。

 

ここ最近太ってきた人たちと一緒にしないでほしい。

 

我々プロは、確実に減量前と同じ身体を手に入れるだろう。必ず、だ。

 

フ○ンタというダイエットアプリの話もよく耳にする。

間違えた、フ○ンクだ。字面は似ているが誰も炭酸飲料の話はしていない。

LINEの様なメッセンジャーで食事の写真などを送ると、食事指導をしてくれるというサービスらしい。しかも、DNA検査?をすることによって、脂肪で太る体質か、炭水化物で太る体質かなどがわかり、それに沿って効果的なアドバイスを管理栄養士が行ってくれるという。

超、うらやマシい。立川マシマシに行きたいぐらい。

ライザ○プは、ジムに行かなきゃいけ無い=行かなくなったら終了という前に、我々プロのデブはありとあらゆる言い訳を繰り出して、そもそも行か無い。

フ○ンタは、炭酸飲料。

 

でも、このマッスルデリは、健康な食事を送ってくれるだけ。

1万円で10食だから、東○オア○スに払っていた1.5万円だと15食買える事になる。

 

1.5万円払って辛いトレーニングをするか、1.5万円を払って、コンビニ飯で暴食していた15食分を置き換えるか。

運動して短期的に痩せるか、食生活を見直して長期的に健康になるか

後者の方が良い。

 

ビジネススクールの授業で習った、好きなフレーズがある、

戦略とは何をやるかではなく、何をやら無いかだ。

経営者として、減量も戦略的にやるべきだと思った自分は、あれもこれもやるのではなく、やはり、やら無い事を決めるべきだろう。

運動とジム通いをやら無い

こうして、戦略的な減量が始まった。

やる事はただ一つ、どうでもいいコンビニ食をマッスルデリに変えるだけだ。

 

これまで108kgの自分の体を支えてくれていた内もも、外もも、カイノミ、スネ、しんたま、カメノコ、トモサンカク、まるしん、いつも支えてくれてありがとう。

これから減量して負担を減らしていくからね。

 

これから自分は、自分の体で実験をする事になる。

ジムへ行かず、運動もせず、食事制限もせず、ただ、しょうもない食事をマッスルデリに変えるだけ。

※しょうもない食事=1人で自宅で食べる重要度の低い食事のこと

 

経過観察のため毎日体重計に乗って写メを貼ろうと思ったが、彼は絶賛反抗期なのでERRとして教えてくれ無い事を忘れていた。

 

 

最後に一つだけ言わせてください。
ジム幽霊会員のみなさん、勇気を持ちましょう。

全国には約400万人のジム会員がいて、20-30%の幽霊会員がいると言われています。
80-120万人です。

そして、その中には自分の様なプロデブもいるでしょう。
今こそ、マッスルデリに切り替える時です。

Muscle Deli│マッスルデリ


もう、引退しましょう。

全国のプロデブの皆さまへ捧ぐ。

※ちなみに本日5/27時点、この会社とは全く無関係で宣伝とかではありません。