読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだクリ◯◯◯で消耗してるの?

f:id:arakens:20151223170138j:plain

今日は12月23日水曜日

天皇誕生日であると同時に世間では、クリスマスイブ前日。

逢いたくて震える人や、プレゼント渡してなぜだか分からず泣いた人、美しい髪で金時計を買う人が出るクリスマスの前夜祭=クリスマスイブまであと1日、という胸がギュッと締めつけられる日かもしれない。

 

世界的に見ればクリスマスは、家族でご馳走を食べ、サンタクロースというヒゲの生えた太ったおっさんが土足で住居侵入をして何かを置いていくというキリスト教の宗教行事のはずだ。

 

しかし、ここ日本ではクリスマスとは男女が愛を紡ぐ日とされている。

 

歴史的にみても日本男児は、女子を3歩下がって着いてこさせるなどツンデレ要素に事欠かない。

 

そんなツンデレ男子のために、日本では様々な言い訳を用意して男性が女性にアプローチできるイベントが、主に大手商社や広告代理店主導の販売戦略として育ってきた。バレンタインデーなどもその1つだろう。

 

その集大成がクリスマスイブだ。

日本では宗教行事ではなくただの商業イベントなのだ。

 

しかし、ちょっと考えてみれば分かることだが、日本の総人口1.3億人=6500万カップルがクリスマスにイチャついているかというと、そうではない。

 

0歳児も100歳の方もいちゃつけないという問題はさておき、20代30代でも相手がいないという問題が日本中で起きている。

 

そう、クリぼっち。

クリスマスを1人で過ごすことをクリぼっちと呼ぶらしい。

 

クリぼっちを忌み嫌い全ては自らが招いた日常行動のツケが回ってきているだけなのになぜ男ができないのか嘆く未婚の女子たち(主にアラサー)は、恋人と過ごすリア充を横目に、協議に協議を重ねた。

 

自らがクリスマスに恋人(存在しない)と一緒に居なくても、自分が惨めにならないための言い訳をどうにかして作る事ができないか。CustomerのPainをやわらげ、OpenなInnovationをおこすことができないだろうかと。



その日だけfacebooktwitterの更新を滞らせるわけにもいかないし、けれども「1人で部屋で飲んでるー」なんて自虐投稿をしても周囲は呪われてしまいそうで、いいね!ボタンを押すこともできない。それなんてスルースキル?

 

そうして彼女らは、「女子会」というフレームワークを手に入れた。

日本に平和が訪れた。笑顔の人が増えた。人生って名称をほんのちょっとだけ変えるだけで舌打ちが減って笑顔が増えるなんて不思議だけれど、それでみんなが幸せになれるのならば、それでいいと思った。



男性はどうするよ?

本題にいこう。

既婚者やカップルはいいだろう、幸せなクリスマスを過ごせばいい。

明日神龍が降臨したらクリスマス当日日本中のラブホの入室表示を全部「満室」に変えてもらおうと思っているが、あいにく明日までにドラゴンボールを揃える事は無いだろう。

 

そして、恋人や恋人未満の男性と過ごせなかった「女子会」女子たちもまあいいだろう。自らが惨めにならないために日本が生み出したInnovationである「女子会プラン」でリムジンに乗ったり、本当はカヴァなのに「シャンパンなう」とつぶやいたり、ハニトーを食べたり、ホテルでプチセレブ生活を楽しんだり、ホテル内でカップルを見つけて「男の方イケてないよね?」などと評論すればいい。安心してください、お前らの方がイケてませんから。

 

日本の男女がほぼ同じ割合で存在するとすれば、女子が女子会に行ってしまうと残された男性はどうしたらいいのだろうか?

 

アラサーの男性会社員で、彼女も居なく、仲の良い恋人未満の女性も居らず、クリスマスの予定が無く、会社で仕事をするが残業もそこそこ無く、帰り道のコンビニ(セブンかファミマ)でチキンを買うかどうか悩んで、骨付きのチキンレッグ(2本入り)を買うかどうか悩んで、せっかくだからとそれを買って自宅でビールを飲みながら1人でクリスマスを過ごし、facebooktwitterのタイムラインで他人のクリスマスを見ながら、「明石家サンタ何時からだっけ?」とクリぼっちを噛み締める。

 

そんな男子はどうしたらいいのだろう?



まだクリぼっちで消耗してるの?

私は、クリぼっちの男性と、女子会に誘われなかった女性ができることは1つだけだと思う。

それは、これから1歩踏み出して、誰でも良いから、どんなコミュニティでも良いからクリスマスを一緒に過ごす予定を作ること。

 

もちろん、クリスマスを無視して「クリスマスって別にただの1日やん。キリスト教徒じゃないし。」と無視をすることもできる。けれども、それはリア充じゃない自分を責めないために言い訳を作っているだけじゃないだろうか?

現実を直視できていないだけではないだろうか?

 

本当に、心から、本心で、クリスマスなんて普通の1日だって思っているのだろうか?

 

もし、恋人や、仲のいい友達や、知らない人たちとでも、一緒にわいわい過ごして、クリスマスパーティーを楽しんだ翌日にも、同じ言葉が言えるだろうか?

 

私は、そうは思わない。

 

実際に自分で経験した体験って、熱があるし、例えばちょっと嫌な想いをしたとか、例えば知らない人と一緒で気まずい思いをしたとか、良いことばかりじゃなくても、自分の感情を揺さぶる何かにはなるんじゃないか。

 

人生を変える唯一の方法は、行動して経験することだ。

 

何か本を読んだとか、セミナーでいい話聞いたとか、感動的な映画を見たとか、そうやって自分の感情が揺さぶられることってあるけれど、それって自分が直接体験した一次情報じゃなくて全部他人の感想とか、他人が思った事とかを二次的に受け止めているだけであって、自分は何もやっていない。

 

だから、一瞬だけ人生が変わるキッカケをもらったみたいな気がして、一瞬だけ、明日だけ、1週間だけテンションが上がって、今度こそ人生変えてみせるみたいになっても、結局1ヶ月後には普段と変わらない生活をしているんだと思う。

 

恥ずかしい想いや惨めな想いをしても、それは裏をかえせば何かをはじめる原動力になるってことだし、楽しくて最高!って体験をしたなら、それはそれで明日からの自分の1歩に彩りを与えてくれる。カラフルな日々がやってくる。

 

じゃあ、恥ずかしい思いをしても、良い思いをしても、どっちでも結果的に人生は好転するってことか?

 

このままクリぼっちの人で、今の人生が最高にエキサイティングで充実してるって人居る?

 

変えたいなら、キッカケは向こうからやってくるとか、まだキッカケが無いとかそういうもんじゃないと思うのね。

 

キッカケって、時間がたった後に振り返って、

「そう言えばあれがキッカケだった」

とか“過去”を認定するものなんだから、“今”とか“未来”がキッカケって有り得ないじゃん。

 

だったら、自分が「これがキッカケ」ってなんでも良いから決め付けちゃって、それを“言い訳”にしても良いから実際に自分が行動しなきゃ、1時間後も明日も来年も何も変わらないじゃん。

 

いまが昭和だったら、そうは言っても明日のクリスマスに今から予定入れるなんて無理って思うかもだけど、今はネットがある。

 

誰でも参加オーケーのクリスマスパーティーなんて、ちょっとググったりtwitterやFB検索すれば出てくるじゃん。

 

「いや、でもそうは言っても知らない人50人の中に1人で行くのは耐えられない」

 

って思うかもしれないけど、ぶっちゃげ、50人のパーティーに行って、自分以外の49人の顔と名前とどんな行動してたかなんて、翌日覚えてないっしょ?

 

誰も、自分の事なんか見てないから。

自分が思うよりも、人は自分のことを見てないから大丈夫だって。

 

ネットでそういうクリスマスパーティー探して、参加ボタン押して、決済して。

 

で、当日「やっぱ行きたくない」とか、「そもそもクリスマスに1人でもいいじゃん」とか自分にいかない言い訳考え出すから、それをグッと押し込んで、とりあえず行くだけ行こうと奮い立たせてさ、会場に着いてどこが受付かも分からず恥ずかしい思いをしてさ、帰りたくなりながら近くにいる人に勇気をもって「受付どこっすか?」っとか聞いてさ、中入って1人でやることないから、とりあえず酒片手に飲んで1人で居る人になんでも良いから声かけてさ。

 

「こんにちは1人なんですか?」

「どうも、メリークリスマス」

 

とかもうなんでも良いから、スマホに会話に困ったときに使う言葉一覧とか事前にメモっておいてさ、とにかく声かけてさ。

 

そうやって2時間とか過ごしたら、メリークリスマスとか言ってその場のみんなと酒飲んでわいわい過ごしたら、くだらない言い訳しながら自宅でファミチキ食った時と比べて、その翌日の自分の感情とか脳内ってめちゃくちゃ前に行くでしょ。

 

ついでに、友達ができるかもしれないし、いい出会いがあるかもしれないしってのはどうでも良くて二の次で。

 

でも、そうやって1人で知らない人のパーティーに飛びこめたっていう小さな成功は、じゃあ次はカウントダウンパーティーにも行ってみようって時に、もう2回目だからちょっと気が楽じゃん。

 

クリパの時は服装失敗したから今度はこういう服で行こうとか、荷物邪魔だったから手ぶらで行こうとか、最初緊張したからテキーラ飲んでから行こうとか、そもそもクラブに1人で行ってみようとか、クリパで知り合った人をカウントダウンに誘ってみようとか。今の行動って過去の経験になるから、ちょっと先の未来の自分を助けることになるじゃん。今を楽しみつつも、ちょっと嫌なことは「これは次来た時に恥書かないための勉強」とか思って、少しずつ積み重ねればいいやん。

その最初の小さな一歩を踏み出すには、今回のクリぼっち最適だよね。



今の生活に本当に充実感、感じとる?

 

自分に嘘ついたり、自分にできない言い訳言うようになったら、脳が考えることを放棄するからずっとこのままだよ。

 

人生変える唯一の方法は、行動して経験することやん。

もうこのブログのせいにしても良いから、1人でも多くのクリぼっちがひとりじゃないクリスマスを過ごせる事を祈って。

 

「まだクリぼっちで消耗してるの?」