読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日ブログを投稿するということ

今日は夜から、早稲田大学ビジネススクールの年末年始休講前最後の講義が。

今回は長野県の天竜精機の芦部前社長をゲストに迎えた講演。

普段机上の論議をしているビジネススクール生にとっては、経営者の生きた言葉というものは心に刺さりまくるもので、大変良いお話が聞けた。

 

そんな芦部さんは毎日ブログを更新するということをやられているそうで、確かに今日も講演に来た旨ブログが更新されていた。

 

毎日ブログを更新するという作業は大変だろう。

自分なんて月に1度も更新していない。

2015年でこの記事が9記事めという。

 

もちろん、NewsPicksやtwitterfacebookなど、どれか1つぐらいは毎日発信をしているが、ちょっと自分も発信が足りないんじゃないかと反省し、755とブログを再開して毎日更新しようと思う。

 

毎日書くことで何かが見えるかも知れない。

今日からはじめることにした。

初日ということで今日はこの辺でw

ちょっと短いので、芦部さんのゲストトークを聞いた上でのトークメモでも公開しよう。とてもいい話だったけれど、あくまで自分の受け取った個人的な感想メモなので、何か都合が悪い事が書いてあったら、私宛にクレームをくださいまし。

 

事業継承について
・中堅企業のうち後継者がいないのは66%

相続税(株式評価額)がネック

・相続以外の承継では株式購入が困難、借入金の個人補償

・売れない非上場株式なのに高い相続税

・8億円の個人補償

 

◆継いだ直後
・隣にメール、内線電話コミュ(喧嘩)、管理職が現場に行かない

 

◆やったこと
・工程の見える化

・立軸に進捗100%、横に時間、理想の曲線を描いて、事実を書く。乖離があれば理由を書く。
自分が予定より勝ってるか負けてるかを毎日確認。

・みんな問題を隠す。問題をオープンにして解決し続ける方がいいそんな優先順をを会社で

・自分で自社のことを語るのは、ホコリや自身につながる(リクルート

・自分の仕事に誇りが持てないのは良くない。プライドを持つ。

・達成目標から行動目標に変えた。

・自分の行動が足跡になる

 

◆気づいたこと
・能力不足ではなく練習不足だっただけ

 

◆失敗など
・考えて行動する人ばかりではない。

 

◆パネル(遠藤功教授と)
・危機意識のなさ。利益でてるから良いじゃん。
・2:6:2 賛成は2割。うまくいきそうになったら6が徐々にこっちに来る
・《これをやれば利益になるのか?》明確な答えは出せないけれど、結果として風土は会社の競争力になるのではないか。
・楽しい方に流れる。
・やる気のない社員が内定者研修やってて、新人に先輩たち大したことない、だから僕らが入社するんですね!っといわれ、その社員は真面目になった。自分の見ている側面じゃないもう片面に触れた時、人は変わるのかもしれない。
・自分たちがやっていることの価値を教えてあげないと、何を意味しているのか教えてあげないと。
・クローズドな現場で外との接触がない現場は自信がない、何かに取り上げられたりプライドを持たせる。やる意味を持たせる。

・お手並み拝見はしょうがない。現場に行く。知らないと辛い。自分の役割を把握する。

見える化、部署紹介、成長と自信、

・良くなりたいという想いがある人ならばたとえ不仲でも手を組んだ方が良い。

・自分の価値観を人に擦り付ける。味方作り。

・メディアだったり他の何かに評価されるというのは、社内が引き締まる。

・課長とかマネージャーってのはポストだけど、リーダーは役割。例え肩書きがなくともリーダーはリーダー。

・自分の事を自分で決められない人が、人の事まで決められるわけないじゃない。

・売上低迷のリーマンの時、会社の明るさを取り戻す。こういう時だから会社のビジョンをみんなで決めるとか、運動会やるとか。全員参加で何かやる事には意味があるんだろう。

・自分たちで決めさせる。自分たちで決めたのに達成できないってどういう事?
目標を決めたら、それを達成するためのロジックを作って、1日単位の計画を。
今買ってるのか負けてるのか、どうやったら達成できるのか?

・何が見えたらいいんだろう? → 問題点をさらけ出す → 共有する →できるとこからチームで対応する

・それだけのパフォーマンス出してないんだから、直で頭ごなしに言ってもいいでしょ。大事な事は自分の味方をつける事。その上で小さな部分はどうでもいい。後回し。あとでなんとかするけれども。だってあなたを通したルートが詰まってるんだもん。管理職がやってくれないじゃん。

・最後は全部俺がやると腹をくくっていたから。

・管理職はただのポストでしかない。誰がリーダーなのか、誰を動かしたら動くのかってのを見極めなきゃいけない。リーダーがいなければ自分は管理職じゃなかったとしても、自らがリーダーになるしかない。

 

心に残る内容があれば、ぜひ下記より芦部さんのブログを見てみよう。

plaza.rakuten.co.jp