読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生を変えるキッカケTERIYAKIプレミアム寿司会」に参加するキッカケとなったゾウの話

f:id:arakens:20150209230446g:plain

キッカケのキッカケってややこしいな。 

去年は、自分にいろいろな事があって。

会社と自宅との狭い範囲数百メートルに引きこもって毎週日曜に自宅でグダーっとしてた自分が、なんやかんや動いて色んな経験して色んな知人友人ができて彼女も出来て新たな発見や勉強の連続で毎日が楽しい!という、札束風呂に入った写真とともに雑誌の裏表紙にのってる変な開運のリングみたいなストーリーが出来上がったわけなん。

その直接のキッカケは、前にブログで書いたからそっちを見てもらうとして。


後日談/10万円払って、堀江貴文さんとお寿司を食べるTERIYAKIイベントに『参加した後』の話 - あらけんのブログ『やれない理由探す暇があるなら、どうやったらできるか考えれば良いのに』

 

今日は、この「寿司食ったった」という「人生を変えるキッカケ」に参加する一歩手前の話を書こうかなと。ややこしいな。

なんでかというと、その「一歩手前の話」がちょうと1年前ぐらいでさ、今朝読んだとある本がキッカケで思い返してなつかしいなーなんて思って、無性に誰かに話したくなって。

 

ブログに書いた前述のTERIYAKIプレミアム食事会に参加するキッカケになった話。

そして、そのキッカケが無く、それでもTERIYAKIプレミアム食事会に参加していたら、「人生を変える」事無く、ただ著名な人と話してテンション上がって…3ヶ月後には普段と変わらない日常を送っていたんだと思う。

 

事実、この寿司会は今まで70-80人が参加してるはずだけれどその参加者で、一瞬テンションが上がっただけで何も変わらずに生活している人は沢山居るだろう。良い悪いという話ではなくなぜ自分は…と思い返すと、自分の始まりは1年前の2月14日この話がスタートになる。

 

ちょうど昨年都内に二度の大雪が降った頃だったん。

時期で言うと今ぐらいなのかな。

人生を変えたいって思って本を買ったりだとか、なんかのイベントに参加したりとか、普段やらないことをやってみてテンション上がって「これで俺の人生かわるんだ!!」とか息巻いて…3ヶ月もすれば、いつもと変わらない日々を過ごしてるってのが、自分でもうすうすわかっててさ。

お正月に建てた壮大な計画なんでパソコンのワードファイルえ作った日付のママ保存されてるし、なんかもう、なんかもうツラいっておもってて。不甲斐ないなーっと。恥ずかしい話、今まで何度「人生変わる!!」って思って、いつの間にか冷めると何度繰り返したことか。

 

自分は人から影響をされやすい体質というか性格で、色んな本を読んで何度もテンション上がって人生が変わると思ってたし、一瞬テンション上がって大きなことを言うけれども、実際に3ヶ月立つと熱が冷めてるというか、何も無かったように日常を送ってる。

 

本読んで付箋とか付けて蛍光ペンでマーカー引いて、結構まじめにビジネス書とか自己啓発書とか読んでさ、最近はKindleだからマークアップしてevernoteにまとめたりとかして。本を読むたびに、今度こそ、今度こそ人生が変わると思ってた、変えられると思ってた。

いつか自分にピッタリの本とか、衝撃的な出会いとかがあって、自分を変えてくれる、まだ偶然といういう本や出会いが無いだけだって思ってた。

 

今はそうじゃない。

人生を変えるためには特効薬とかテクニックとかじゃ無いこともわかってるし、人生を変える11のテクニックとか、そういうコツとかテクニックに意味がないこともわかってる。

それは、自分で行動して経験してみること。

 

本を読んだ。それだけじゃ世界は1ミリも変わらない。

でも、本を読んでそこに「毎日靴を磨こう」と書いてあって自分が納得したのであれば、本をと見終わった直後に靴を磨く。そうやって自分で実際に行動して、経験して。そうやって人は変わることができる。

 

1年前の今頃、自分に起きたできごとは1冊の本を読んで実際に動き出したこと。

後に続くストーリーは全部ここがスタート地点。



夢をかなえるゾウ/水野敬也

 

ネタバレになるので読んで無い人はどうぞAmazonなりKindleなりで。

ざっくり内容いうと、うだつのあがらない会社員とゾウの神様が出てきてその会社員をコーチングして、最後に高まった意識なんて時間と共に無くなるんだから行動して経験しないと人生変わらねぇんだよ!的な話で実際に行動しまくって成功したいえーい!みたいな。

 

そして、その本に酷く感激した自分はいつもの様にテンション上がって人生変わるような気がすると思い込んでevernoteにまとめて。でも、このままだと今までのように3ヶ月後には冷めてるってのもわかってて、とにかく行動したよね。その本に書いてある一番刺さった言葉「行動して経験するのが人生変える唯一の方法」ってのを信じてアホみたいに。

 

そうやって自分で体感してるうちに、F1鈴鹿グランプリのチケット発売が近づいてて。

毎年なんかかんや言い訳付けて行った事なかったから、これも行動の一つだと思ってチケット予算10万円確保して、どのチケットにしようかなーって思ってて。

 

…そう。そんな時にtwitter堀江貴文とカウンターで高級寿司を食べるTERIYAKIプレミアム寿司会なんて情報が流れてきて、

 

小林可夢偉VS堀江貴文

が脳内で戦って。

 

可夢偉は3日間楽しめるけれど寿司会は2-3時間

可夢偉は豆粒のように遠いけれども、堀江さんは隣に座る

可夢偉はF1レーサだけれど、堀江さんはビジネスパーソン

可夢偉はファンだけれど、堀江さんは…ファンではない

可夢偉には会え無いが、堀江さんには会える

鈴鹿遠いけど、西麻布は近い

 

今なら両方申し込むという考えがあるけれど当時はまだ脳が弱かったw

まあ結局TERIYAKIプレミアム寿司会の方を選んだと。

寿司会って今はもう10回めとかだから発表されて数日間は申し込めるけれど、自分の時はtwitter見て即判断して申し込んで10人限定の6番目とか瞬殺で売り切れた時だからね。

 

あの時その場で動かずに「あとでー」ってやってたら、間に合わなかったんだろうし、何か歯車がずれたり変わったりしてたのかも。変えるのは意識じゃなく自分の行動、そうやってあの本で自分の中でルールを作ってたから。

 

そして寿司会当日の話はこっちに、

http://storys.jp/story/8946

 

寿司会終わったあとの話はこっちに、

http://arakens.hatenablog.com/entry/2014/12/18/234536

 

それぞれ書いたから説明省略



振り返ると、何かが人生変えてくれるって考えはちょっと都合が良すぎだな、と。いや、本当に去年の今頃まで本気でそう思ってたんだけど。

 

誰もが人生を変えるようなチャンスに恵まれていて、自分にはまだ来てないとか、自分にもそのうち来るとか、そう思ってたけれどそれって逃げてたんだと思うん。本当はロジカルに考えればそんな事ありえないってわかってるんだけど、わざとそれをぼかして確かめたくない、はっきりさせたくないって、自分で自分を傷つけない様にわざとそうやって逃げてたんかも。

 

正論ほど残酷なものは無いし、自分で自分が悪いと認識することほど自分の心を傷つけることもないじゃん。自分の人生は自分のせいなのに、それを自分で認めたくなかったん。その方がラクだから。



今朝、夢をかなえるゾウ3をkindleで読んだ。

やっぱ行動しなきゃなって思ってevernoteでヤルことをまとめた。

やってることは1年前の自分と同じ様な事だけれど、精神的にはちょっと落ち着いている。

それは、テンションなんか上げても冷めるだけだって事を知っているし、行動すれば人生が変わることを体感しているから。

 

行動って難しく考えずになんでもいいんだよね。

苦手な人に話しかけて褒めるとか決めたら、その1日それをやるだけ。

開いた時間全部を使って英語を勉強するって決めたらそれをやるだけ。

 

この1年で自分は色んな人に会った、お会いした。

色々な人の考えを聞いて、色んな本を読んで、ブログやfacebookや755やtwitterで色んな人の考えを聞いて、そして自分の中で咀嚼して、持論というものもできつつある。

 

行動するときは、3つのフェーズに分ける。

0から1の段階、1から10の段階、10から100の段階。

 

テンション上がると0から100に行こうとするけれど、それってせっかく行動しても現実の壁にぶち当たって諦めてしまうかも。

 

今年1年で英語をマスターしてシンガポールの企業で活躍する!

 

とか、掲げるのは良いんだけど、それだけ壮大な目標だとめちゃくちゃ計画立てたりするじゃん?何か失敗したら怖いから入念にチェックしてヘタしたら計画だけで2週間とか経ってるとか。

 

自分はさ、そのフェーズを0→1とかに分解して、まずはどこからやるのか決めてとにかくスタートを早く切ることにしてるん。計画も議論もめちゃくちゃ大事なんだけど、どっかのゾウが『人生変える可能性がある唯一の方法は行動して経験すること』とか言ってるし、どこかのなんとかエモンも『貴重な時間を準備に使って浪費するなんてバカでしょ』的な事を言っているし、どこかの教授も『走りながら考えろ、は乱暴かもしれないが理にかなっている』と言っているし。

 

自分は能力がそんなに高くない。中の上ぐらい。だから0から100を計画なしに走りだすのは出来ない。だからまずは100の目的を作ったら、0から1まで走る。走りながら1から10の事を考えながら10から100の事を考える。



こういう自分の意見をぶちまけた様な文章は、どのメディアにも載せられないからやっぱこれはブログに投稿だと思った。

 

人生を変える可能性のある唯一のことは、行動して経験すること。

夢をかなえるゾウ。

3部作あって、1部は人生を変える1冊、2作めは…お金関係なんだけど別に自分には響かなかった。3作めは素晴らしい。1作めよりもちょっとビジネス寄りで女性視点。

…こんな良い本なのに、2作めだけなんでイマイチなんだろう?

読んでも人生は100%変わらないけれど、読んで何かを感じた人は素直に行動してみるとなんか変わるかもね。


Amazon.co.jp: 夢をかなえるゾウ 電子書籍: 水野敬也: Kindleストア



あとTERIYAKIプレミアム寿司会?
寿司食ってもなんも変わらん。

堀江さんに会っても写真取ってもらってもサイン貰っても何も変わらん。

なんも人生変わらんし、何もしてくれないけれど、その寿司会で彼と話をして何かを感じた人は動いてみると良いと思う。


第10回堀江貴文とカウンターで高級寿司を食べる 【限定8名】TERIYAKIプレミアム食事会 | Peatix



毎日キラキラ充実してる人はこのブログ読んで、『ヘー』でいいや。

 

変わった人間見ると『洗脳されてキモい』としか見れない人も『キモっ』でいいや。全員同じ意見って宗教っぽいし周りが見えてなくて逆にキモイし、半分は意見あわなくてしょうが無い。

 

でも、何か引っかかった人とか、すぐテンション上がっていつのまにか冷めちゃう人とか、自分と同じだなーって思う人が居たら、本買うなり寿司食うなりして何かキッカケ貰って『行動して経験』したらいーんじゃないかと。

 

これらは全部ただのキッカケ、行動するのは自分。

 

1人ぐらいが実際にコレ見て動く人が居たら…嬉しいっすな。

 

自分はというと、自分が行動するキッカケを貰った事でえらく感動して、今度は自分が人のキッカケ作りになりたいと、AHEADというプロジェクトをやってる。

一番最近だとコレ↓。『働くこと』『好きな事をすること』このキーワードで活動してる。自分も進行役として参加するから来てくれたら嬉しす。終了後飲み会もやるので直接熱を伝えたい。


2/15(日)HEADカフェ自分らしく生きる!?フリーランスの実情は!? | Peatix

facebookやってる人はコッチで参加クリックでもOK→ http://goo.gl/7m4GVC


普段ブログ見てる人で会ったこと無い人にも会いてえな。当日声かけてよ。