あらけんのブログ『やれない理由探す暇があるなら、どうやったらできるか考えれば良いのに』

MAIZOKINで埋蔵ケータイ掘ったり。ビジネスの話や日常思っていることなど。

SPOTSALEに店を上場させた感想と売り出したS3の会員権

f:id:arakens:20180317212458p:plain

上場しました。

…会社ではなく店を。

 

どういう事かというと、自分が友達らとやっている新宿のS3というお店を、SPOTSALEという店舗の会員権を売買する取引所に上場させたと。

 

今回はあいりぺの話ではなく、全く別件のSPOTSALE(スポットセール)という店舗の会員権専門の取引所について書きます。

 

3行でまとめると
・店舗版のVALUみたいなSPOTSALE
・店舗側としての感想
・S3会員権の紹介

 

 

(1)SPOTSALEについて
大分のイジゲン、店舗の会員権取引所「SPOTSALE(スポットセール)」を正式ローンチ

thebridge.jp

ファンと資金を同時に獲得、お店の“会員権”取引所「SPOTSALE」が正式リリース

thebridge.jp

 

・店舗が会員権を発行して、
・会員が各種優待を受けられて
・ユーザー間で会員権が売買できる

ざっくりいうとこんなサービスです。
VALUに似てますね。店舗型のVALUでしょうか。

 

(2)店舗側としての感想

f:id:arakens:20180317213638p:plain

※画像はSPOTSALEウェブサイトよりスクリーンショットで拝借


このSPOTSALEがリリースされる前に事前登録がありました。
店舗の会員権が売買できるということは私が友人らとやっている新宿の紹介制バーS3の会員権をこのSPOTSALEで売買できたら楽になるなと思っていました。

S3は45人が10万円ずつ出して作ったバーで、会員の紹介が無いと入れない看板もない隠れ家バーです。
これまでは、新しく入会したい友人を見つけて10万円を振り込んでもらい、退会したい会員を見つけてその10万円を振込んで会員の入れ替えを行ってきました。
そのため、

・手間がかかってめんどくさい
・既存会員の友人知人なので属性が偏る
・新規会員を自分で見つけないと退会できない

この様な状況となっていました。

 


SPOTSALEはどうもこの問題を解決してくれるんじゃないかと。

そこで店舗側として申し込み、最初の10店舗に選んで頂いて店舗側としてSPOTSALEに参加させて頂いています。

店舗をやっているのが同じスタートアップ業界の人ということで、SPOTSALEさんも驚いていましたが。

 

店舗側として使ってみての感想は、手探りっという感じですね。
まだ我々店舗側はもちろん、SPOTSALE運営側も手探りであり、日々連絡を取りながらABテスト、仮説検証を繰り返しているという状況です。

使い勝手として、クラファンに似ています。
URLをtwitterやFBや自分の属するコミュニティーなどでシェアをして、会員権公募に入れる人を探すと。

しかも、クラファンだと実際に支援しても行かなかったりしますが、SPOTSALEは二次流通付きなので、会員権買ったけど全く行ってないから売却しちゃう、という事ができる様になっています。

10万円で買って、半年間会員として楽しみ、10万円で誰かに売却しちゃうという事ですね。


ただし、SPOTSALEはキャンプファイヤーやMAKUAKEと異なり、店舗の紹介文などがあっさりすっきり紹介となるので、パッとみただけではS3が何なのかよくわからないなとも思っています。

店舗自体はただの箱ですが、それを作ったのは人間ですから開店に至ったストーリーや、想いが込められているわけです。その世界観を共有したいなという事で、別途このブログ記事を書くことにしました。

余談ですが、運営側の方は大変有能でテキパキ処理していただけています。
最初の10店舗にS3を選んで、運営者がスタートアップ経営者だったという事も見る目があるなぁ笑と思っています。


(3)S3について

f:id:arakens:20180317213920p:plain

※写真は、S3を作る前のデザインパース。このパースが原因で鹿の剥製が本当に導入されました。


ここから先は、SPOTSALEで会員権を公募売り出ししているS3についてとなりますので、ご不要な方は戻るボタンでお戻りください。

S3(エススリー)は2017年3月末に開店した紹介制のバーです。
「プチラグジュアリーな宅飲み」というコンセプトで、店員無し、会員が自分で鍵を開けて自由に来店、冷蔵庫から飲み物を取り、フードは1Fのイタリアンへ注文するという「宅飲み」スタイルのお店になります。

この1年を振り返って、S3の会員になって良かったと思えることをいくつか紹介させて下さい。


・会員コミュニティができた

・飲食店経営に関する知識ゲット

・1口オーナーが集う共同出資のやり方知識ゲット

・暇な時に誰かがいる溜まり場ができた

・ここで出会ったカップルが結婚した

・イベント時スペマで会場を借りずに済む様に

ぱっと思いついたのは6つです。

・会員コミュニティができた

f:id:arakens:20180317222507j:plain

※写真は筆者撮影


45人が新しくコミュニティを作るわけですから、新しい出会いとか、新しい友人とか、たくさんあるわけです。
普段はFBメッセージグループで連絡を取り合っていて、
「現在AさんとBさんとCさんとCさんの友達と店内6人」
などの連絡が20:00-5:00まで1時間おきに投稿されます。

普段は「ミュート」にして通知来ない様にしていて、飲み会の帰りとか、仕事帰りとかで寄ろっかなーという時には、中に誰がいるかわかると。

他にも、ハロウィンイベントやったり、キチチキ日本酒選手権やったり、ゴルフ部作って月1ラウンドしたり、ポーカー大会やったり、単なる箱という意味の店ではなく、サークルの部室みたいなポジションが近いかもしれません。

企業経営者やフリーランスが多いため、仕事の話をする事も多々。

引きこもっているフリーターの方よりも、仕事も遊びも楽しむぜ的な方の方が合うかもしれません。
30代が一番おおいかな。


・飲食店経営に関する知識ゲット

f:id:arakens:20180317222605j:plain

※写真は筆者撮影


利益目的でなくとも赤字では持続できませんから、家賃、ゴミ処理代、ネット代、公共料金、LINE@代、掃除代行代などの固定費は稼がなくてはなりません。

最初は20:00-5:00日曜定休でフルに店員さんが1名働いていましたが、徐々に人件費がペイできず赤字に。
複数人のバイト制にしたり、23:00まで店員ありそれ以降5:00まで店員無しという変則スタッフ制にしたり、オーナーが交代で立つ制度にしたり。

試行錯誤の結果、平日はスタッフ無しで完全セルフサービス、金土はスタッフあり。
会員は毎月3000円を会費として払い毎月1回の来店は無料になる、など現在のシステムを作っていきました。

私はITや修理業など飲食店とは無縁の生活をしていたので、飲食店経営の仕組みがわかってわかって自分の芸の肥やしにできたことは、本当によかったと思っています。


・1口オーナーが集う共同出資のやり方知識ゲット

f:id:arakens:20180317222637j:plain

※写真は筆者撮影


S3を作る前にも、同じ様に数十人でお金を出し合う飲食店をやっていたことがあります。
その時には、マンションみたいな事業組合を作って運営していましたが、何をやる時にも事業組合という形態はイマイチ不便でどうにかできないものかと憂慮していました。
S3はそれを踏まえて、会員がオーナーの株式会社を運営会社として一括処理、その株式会社がゴルフ会員権のような会員権利を10万円で販売するという形態をとりました。
現時点ではこの形態は成功している様に思えます。

現在の課題は会員の流動性で、全然お店に来なくなった人をどんどん新規会員に入れ替えて、新しい人と出会える形を作りたいと考えています。どうしても自分の友人知人ばかりになってしまいますから。
この問題は、SPOTSALEで会員権の公募募集を行うことで、少し改善するのでは無いかと思っていますので、全然荒木のことを知らず、偶然このブログを見たという方はぜひ、公募へお申し込みください。

10万円って高額に見えますけど使わなくなったら売ればいいので、大半は戻ってきます。


・暇な時に誰かがいる溜まり場ができた

f:id:arakens:20180317222742j:plain

※写真は筆者撮影


これは単純に嬉しい話です。
誰にだって、飲み会が終わってもうちょっと飲みたいなとか、暇で誰かと飲みたいなって時があると思います。
もちろん、行きつけのバーに行くとか、友達にLINE送って探すとかすればいいんですが、結構気を使っちゃってめんどくさいんですよね。
例えば、新宿の土曜の20時とかどこも混んでて入れませんし、1人でそんな混んでいる店になんて行きたくないですし。。。

S3はそういう時に重宝します。
FBmsgみれば誰がいるかわかるわけですから、誰がいるか確認して安心して1人で遊ぶことができると。

その逆もあります。
週末の23時に6人で飲んでて2軒目を探す時とかどこも入れなかったり、そもそも酒だけでいいのに居酒屋しか空いてないとか。
S3なら基本的に会員とその同伴者しかいませんから、ほぼ100%入れます。
しかも、「友達と遊びで紹介性のバーやってる」などというと、結構行きたがる人も多いので楽しんでもらえます。ちなみに、同伴者を連れてきた場合会員の飲み代は無料になります。
どうぞドヤ顔してください。


・ここで出会ったカップルが結婚した

f:id:arakens:20180317222818j:plain

※写真は筆者撮影


この話を聞いた時には、S3を作って本当によかったなぁと思っています。
S3の1口オーナーとして会員になっているAくんという男性がおりまして。

一方で、会員ではないものの、共通の知り合いがたくさんいてS3によく遊びにきていた常連でBちゃんという女性がおりまして。

時は流れ、いつしか2人は付き合うことになり、中を深め、そして結婚に。
人と人が出会う場を作るということは、こういうことなんだなと。
その同じシーンに立ち会えた事が本当に嬉しい、そんな思いがありました。


・イベント時スペマで会場を借りずに済む様に

f:id:arakens:20180317223014j:plain

※写真は筆者撮影


S3の会員になるまでは、年に数回ぐらいイベント会場を借りていました。
スペマとかで。
例えば、夏に流しソーメンをやったりとか、友達とワイン会やったりとか、寿司握りイベントやったりとか、仕事の説明会やったりとか。

自分が自由に使える箱ができたので、もう会場手配など一切しなくていいというのも、めっちゃ楽です。
例えば、あいりぺの修理人iKeeperを育成するイベントや、iPhone分解体験会などもS3の昼間の時間でやりましたし、飲み系のイベントもやりますし、かき氷を作るイベントなども。

自由に使える箱って本当に便利です。
勢い余って昼の時間にiPhone修理屋をやったら、それはイマイチでしたが。。

 


まとめ

f:id:arakens:20180317223057j:plain

※写真は筆者撮影


だいたいこんな感じです。
自分がまとめ役として運営してまして、合計45人の1口オーナーがいると。
その1口オーナー会員権を今回新しく20人公募で募集しています。

ちなみに、完全紹介性なのでホームページやtwitterがありません。
取材も受け付けませんし看板もありません。
一般の方が来れないので露出する理由が無いんですね。

なので、「新宿 S3」などでググって、食べログにも載ってないし怪しい!詐欺なんじゃないの!と思う用心深い方もいるかもしれません。

例えばネット番組の収録場所に使われたりなど一応ちゃんと存在しておりますのでご心配なく。

freshlive.tv


それでは、現在開催中のSPOTSALE、エススリー1口オーナー会員権の公募受付、よろしくお願いします。

1回見に行きたいとか全然歓迎なので、ご希望の方は(事前にLINEデ連絡くれれば)週末金土の20:00-5:00ぐらいにどうぞー。

S3のマスコット「鹿たん」と共にお待ちしております。


SPOTSALE S3公募受付

spotsale.jp

 

何か質問や事前に見学に行きたいなどあれば、LINEでどうぞー。

https://line.me/R/ti/p/%40bul2375z

 

※住所非公開ですがざっくりこの辺です

f:id:arakens:20180317213517p:plain

シード段階のスタートアップ企業が失敗しないたった1つの方法

f:id:arakens:20180313191235p:plain

この記事を3行でまとめると
・友人たちへ近況報告
・これから起業する人へ失敗についてアドバイス


あれ?2行だった。
お読みになる方は(1)を、お読みにならない方は戻るボタンを押してください。


(1)経緯
ブログ更新も2ヶ月ぶりということでこの2ヶ月何をやっていたかというと、徳川埋蔵金を掘っていました。

嘘です、MAIZOKINというプロダクトを作っていました
https://vimeo.com/248758372

 

昨年の後半はTC TokyoとIVSと(弊社代表が)ピッチに出させて頂いて、VCの方など多くの方からご意見をいただきました。

ピッチの準備と資金調達でかなり時間を使ってしまったので、2018年は実際にアプリ作るまでステルス開発にしようと思ったのです。

実は2月に資金調達しましたがそれもリリースを出さず、仕様を変更したり、仕様を変更したり、仕様を変更したり、そして仕様を変更したりしていました。

 

(2)迷い
仕様を変更した仕様を変更した仕様を変更した仕様を変更していくと、一つの問題が出て来ました。

「どれが正解なのか?」

私は常日頃から、

「答え探しは止めよう、どれが正解かを迷うよりも、選んだ答えを正解に変えるだけの努力をしよう」

と言い続けて来ました。

けれども、風呂敷を広げてピッチ予選を通過し資金調達もした段階で、いつの間にか自分はどれが正解なのか迷っていました。

「失敗をしたくない」

そう、考えていました。
失敗が許されないので、毎週のように仕様が変わり、そして迷うのです。


(3)相談
自分の判断に自信が持てなくなった起業家ほど危ない生き物はありません。
もはやラディッツに発見された第一村人ぐらいの戦闘力でしょう。

「戦闘力…たったの5か…ゴミめ…」

ただ、第一村人よりも私が勝っている事が一つだけありました。
それは、サイヤ人が敵ではなく味方にも居るという事です。

株主ってありがたいですよね。
お金だけじゃなく知恵もいただけるのです。

早速相談のアポを取り、よろよろになりながら昨年後半からこれまでの経緯と仕様と、今年1年の事業計画とこれから目指している世界観を説明しました。

「言っても聞かないのは慣れて来たから平気なんだけど、本当にそれやりたい事なの?何やってもいいから、やりたいことをやるのと、今見えている事をやるんじゃなくて、1個ぐらい未来に向けてワクワクするような、わけわからない事入れといてよ。」

株主様からフルボッ…ありがたい助言を頂き、クリリンぐらいまで戦闘力が回復。


(4)株主
シード期、その前のプレシード期、起業準備中のみなさん、持つべきものは株主です。
著名なベンチャーキャピタルの名前とか、大きな金融系の投資会社とか、そんなんで選んじゃダメです。
自分の担当となる「人」が誰で、その人がサイヤ人なのかどうか?これだけが、決めるポイントです。

・その人が株主になる事で会社のバリューが上がるのか?
・次の調達時に資金出す人を連れて来てくれるのか?
・営業拡散めっちゃ頑張ってくれるのか

ぜひ最初の調達(プレシードなのか、シードなのか)ではこのどれかに当てはまる人から調達することをお勧めします。
あいりぺは良い株主に恵まれました。


(5)目的
ということで自身(自信)を取り戻し、そもそも儲かりそうなIT企業を無理してやる前に、目指していたビジョンを思い出しました。

ポケベルで連絡を取り合っていた*2*2時代、PHSでピーメールしていた高校時代、ガラケーで緑のクジラを見て居た大学時代、XPERIAさまからGalaxynoteに乗り換えたAndroid時代、自分の人生にはいつもそばにdocomoショップがいました。

そしてiPhoneに変えたとたん、docomoショップは何もしてくれなくなりました。
願いを叶えたシェンロン並みの掌返しに困っていたところで、スマホやモバイルデバイスの第三者修理の重要さに気がついたのでした。

でも、昨年後半で即時買取が盛り上がったり、即時買取企業が即時買取されたりして、舞い上がっちゃったんですよね。これからは即時買取だと。
いかんですね。


人間、ピンチの時よりも伸びている時の方が中身が「ぐじゃ」っとすると学びました。
あいりぺは、出張修理マッチングプラッットフォームでした。

 


(6)失敗
シード段階のスタートアップ企業が失敗しないたった1つの方法は、たくさん失敗する事でした。
わすれとった。
誰よりも早く、自分の仮説からプロトタイプ作ってリリースして、失敗をすると。
7回転んで8回倒れても失敗して改良すると。
前に倒れて問題と解決法のフィットを目指します。
だから、ステルスだの多機能アプリだのちょっと闇の刺客に引きづりこまれてましたね。

僕らがやるべきことは失敗しないための仕様変更ではなく、成功するために失敗を最速でたくさん経験することだったのです。

闇から抜け出したので、このブログが、数ヶ月後でも数年後でも、失敗が許されず仕様変更を繰り返して迷路に迷い込んだ起業家の、何かのキッカケになれば幸いです。

 

(7)付録
企業が作って、使って、壊れて、捨てる。これが企業成長を後押しして来たこれまでの消費経済ですが、愛がないし持続的じゃないと。

企業が作って、使って、壊れて、の後に修理を加えることで、リユース市場の隣に修理市場ができるんですね、捨てない経済リペアエコノミーが。

でも、作った企業が修理を考慮しない経済を主導しているわけで。だって、新品買って欲しいだろうから。

じゃあ、第三者が修理すればいいじゃんと。セルフ修理だったり、民間企業だったり。

そんな営利目的じゃない、リペアエコノミーを推進する活動も行なっていきたいと思っているあいりぺなのでした。

そうだと思う方はRTを、そうじゃないと思う方は戻るボタンを、終了する方は*2*2を押してください。
https://twitter.com/arakens/status/973503003754840064

埋蔵携帯は2年間で、500億ではなく1.2兆円増えたのではないか?

ガラケースマホの中に入っている写真や動画等のデータを取り出した上で買い取る、アルバム機能付き買取アプリMAIZOKINを開発している荒木です。

ガラケー中の写真とか捨てずにみたいですよね?1台2000円でデータを取り出します。

スマホ買取MAIZOKIN 自宅の要らなくなったスマホが即現金に!データは消えずお手元に。

 

さて、MAIZOKINの開発も4月公開に向けてどんどん進んでいますが、VCさんやビジネス関係者と話をするときに“市場規模”の話になります。

我々が参考にしている数字というのは、ゲオさんと関西大学の調査データです。

http://www.geonet.co.jp/news/3341/

 

2年間で1.65兆円から1.7兆円に増えた。これが、埋蔵携帯の市場価値としされています。

しかし一方で、市場規模という言い方で他の市場と比較するときに、“年間250億円の中古スマホ市場”と“2年間で500億円増えた埋蔵携帯市場”って、なんか規模的には似たような感じに聞こえますよね。

けれども、“年間250億円の中古スマホ市場”と“1.7兆円の埋蔵携帯市場”って比較すると今度は誇大広告すぎてずるいなと。年間の規模と合計の市場規模を比較するのもナンセンスで。

 埋蔵携帯市場って年間でどれぐらいのポテンシャルがある市場なのかを知りたいなと思ったので、簡単に推計してみました。

 

1、まず、2年で500億円について考えてみる

2年前は1.65兆円、今が1.7兆円。

確かに500億円増えているけれども、体感としてはもっとありそうな気がする。

だって、年間3800万台もスマホが売られているのに中古流通は200万台しかない訳で。キャリアの下取りが200万台(下取り・売却経験者は合計10%というアンケートより推測)だとして、3800-400=3400万台。

破棄などを考慮して仮に3000万台が2万円の価値で埋蔵されたら6000億円でしょ?

それが、2年で500億=1年で250億円って、ちょっと少ないなと。

 

そんなことを考えらながら自宅でコーヒーを飲んでいたら、ふと、“流れる水は腐らない理論”を思い出した。流れる水を貯めておくと、見た目は1日後も同じだけれど実際には昨日の水ではなく今流れてきた水が溜まっているから昨日とは異なる水が溜まっているという理論で、自分で名付けたよく使っている理論だ。見た目一緒だけど、循環して中身は違うものになっているという事。

 

そう、1.65兆円の埋蔵携帯と2年後の1.7兆円のうち、1.65兆円部分は入れ替わっているのだ。だって、中古携帯は毎月価値が下がるのだから。

1.65兆円のうち、中古として売却したり、破棄したり、家族にあげたりする部分はたいした額ではないが、中古としての価値は数分の一だろう。

つまり、2年で新規埋蔵されているのは500億円ではない。おそらく数千億円。

f:id:arakens:20180120193420p:plain

 

2、2年でどれぐらい下がるのか

全機種の2年前と今を調査するのは無理だとして、ざっくりどれぐらい下がるのだろうか?AndroidiPhoneガラケー、それぞれ下落曲線は異なるだろう。iPhoneが一番購入価格から落ちないはずだし、ガラケーはほぼ0円のはず。

今回はざっくり推計できれば良い訳なので、適当にググって2つの機種を比較してみた。新品と中古ではなく、中古価格と中古価格比較。

iPhone6 64 GB SIMフリー

 2015年9月の買取価格45000円、2018年1月の買取価格13000円

XPERIA Z1 SO-01Fの買取価格10000円、2018年1月の買取価格3000円

 

どちらも1/3強になっていたが、集計期間が2年よりも長かったので、今回は、2年で1/3になると仮定することにした。

 

3、新規埋蔵部分計算(上記

1.65兆円の埋蔵携帯は2年後に5500億円の価値に下がっている。

1.7兆円-5,500億円=1.15兆円/2年が新しく埋蔵された携帯

=年間5,750億円

実際には、2年間で廃棄されたり売却されたりして1.65兆円部分はもっと価値が毀損しているはず。年間の中古スマホ市場が200-250億円なので1.65兆円から200-250億円は竜種映している=新規埋蔵もその分増えて入れ替わっている。その部分を足すと、ざっくりと

=年間6000億円、新たに埋蔵している事が分かった。

 

4、考察

ざっくりとした推計なので6000億円という数字には意味がない。

3000億円かもしれないし、1兆円かもしれない。

そんな事はどうでもよくて、問題は毎年埋蔵されまくっていてもったいないという事だ。この中の半分でもリユースやリサイクルに回されたら、人の生活は確実に変わると思いませんか?

 車を買うときに中古?という選択を考えるのと同様に、スマホを買うときにも中古を選べる時代になっているかもしれないし、中古で買うならキャリアショップやECで買う事になり、3キャリアの回線からMVNOへの切り替えも進むだろう。

 

 そうすると、中古スマホ格安SIMでみんなの平均携帯代が安くなる事になり、その自由に使えるお金が増える。その財布はどの市場で消費されるのか。

 

 また、キャリアショップへ行かなくなるという事は、機種変は自分で行う事になる。主婦やシニアが自分で機種変ができるのだろうか?答えは、NO。

 

 中高生ではみんなiPhoneにしているせいで、Androidだと仲間外れにされたり恥ずかしい想いをする文化があるらしいです。だったら中古でもiPhoneがいいと。中高生にとっては死活問題ですよね。これが、中古で買って、機種変時に中古として売却できたら。スマホ本体の負担が減るという事は、キャリアの24分割を使わなくてもいいという事なので、中高生でも安価にMVNOを使う事ができますね。

 

 私が描いている3年後の世界は、ECで中古iPhoneを購入時に機種変オプションを選ぶと、専門知識を持ったサービスマンが自宅まで端末を届けに来てくれる。アプリ等データの載せ替え、LINEの載せ替え、二段階認証アプリの切り替え、仮想通貨パスワードの保存、不要な写真や動画データのクラウド保存などを、全部代行してくれている。

 そして、新しい端末にフィルムやケースを付け、端末の保証や保険を付けて、使い方などのよろず相談を受付け、最後に元の機種をその場で買い取る。

 ここまでやると携帯が新しく埋蔵される事を防ぐ事ができる。言い換えると、6000億円の埋蔵携帯という新しい産業が生まれるという事だ。そんな世界を作るために、あいりぺは全国で修理人を増やし、今年MAIZOKINアプリを作っているのだ。

 

5、埋蔵携帯の堀り方

 そんな3年後の理想はともかく、現時点で年間6000億円分も埋蔵させている訳で、なぜそんなに家に埋蔵させてしまうのかは、いろいろな機関が調査を行っている。

 もちろん、弊社あいりぺでも独自調査として、ヒアリングもアンケートも行っている。それらを照合すると、携帯を埋蔵させている理由としては下記5つである。

 

1、売れる事を知らなかった

 →これは納得。ガラケー時代からそもそも元の携帯が売れるなんて発想はない訳で。誰か大手がテレビCMでもやって「携帯買い取りまーす!」なんて訴求してくれるとありがたいのだが。どうですかね?ゲオさんとか。

 

2、なんとなく
 →これも納得の理由。企業は合理的に動くのだが、人は合理的ではない。いままで同様とりあえず引き出しに入れておく、という行動をとる方が自然だろう。これは、キャリアが下取りを活性化させている事や、CASHさんなど即時買取市場が活性化亜する事で、そのうち自然と解消されるだろう。

3、思い出の写真などが残っている

 →そう。これは取り出してあげたい。7歳の息子が生まれたとき、飼い猫が家にやってきたとき、おじいちゃんが元気なとき。みんなガラケーや古いスマホに写真と動画を貯めているのだ。これはMAIZOKINが早くアプリリリースして、どんどんアルバム機能に蓄積してあげる事で解決されるはず。

 

4、個人情報漏れるのが怖いから

 →iPhoneAndroidガラケーも、なんとなくゴミ箱に入れてはいけない気がする。中のデータが漏れるのが怖いからだ。端末の初期化だけでは不安という人もいるだろうし、そもそも端末の初期化だけで完全にデータ消去ができているのか普通の人は知らないだろう。実際には。業者が業務用機会でデータ消去を行う事で個人情報の漏洩は防げる。MAIZOKINもデータ消去には気を使っているため、弁護士、税理士等データ管理に気を使う士業、端末処分に困る中小企業などと提携を進めています。

 

5、画面割れてるから売れない

 →売れないですよね。でも売れないからといって机に埋蔵させていても価値は下落させてしまうだけで。早めに処分したほうが吉です。MAIZOKINはもちろん画面が割れていても、電源が入らなくても買い取ります。壊れていても、分解して修理用のパーツにしたり、自社で修理してレンタルに回したりできますので。

 

 

以上。

埋蔵携帯は2年間で1.2兆円(年間6000億円)増えたのではないかと考えました。

携帯に中古という選択が選べて、しかも機種変時に下取りしてくれて、データの載せ替えとか全部出張に来てくれて楽にできる。中古端末も分割払いができて、金利手数料はMAIZOKIN(株式会社あいりぺ)が負担する。

 

そうか、自分はジャパネットタカタを作りたいのか。そういえば、地元が同じ佐世保市だ。

そのときに備えて、タカタ元社長のモノマネを今のうちに頑張ります。

 

※4月のアプリ公開までは、MAIZOKIN体験版として端末の写真・動画の取り出しサービスを行っています。1台2000円

maizokin.gold

スママDash感想と、CASH/メルカリNOW/MAIZOKINとの比較

f:id:arakens:20180115144652p:plain

本日スマホの即時現金化サービス『スママDash』が公開されました。おめでとうございます!このまま爆発的に広がってスマホって売れるんだ!?という認知を広げて頂けたらありがたいです。

MAIZOKINの開発をしている私からすると、興味深々なサービスだったので、実際に使ってみた上での感想と、CASH/メルカリNOW、うちで開発しているMAIZOKINと4つを比較してみました。

スマホを売りたいな、っと思っているユーザーさんの参考になれば幸いです。

 

スママDashを使ってみる。

1、ウェブサイトにアクセス

 アプリではなくウェブ。シンプルで見やすい。今回はiPhoneX(OS最新)/Safariで実験開始。

 

2、会員登録

 FBタイムラインを見ていると「一度しか使わないのに会員登録うざい」という声もありましたが、古物営業上「盗品の流通を防ぐ」事が重要で、年齢確認や本人確認が必要なので、しょうがないかなと思っています。

 

3、写真撮影

バックライトON、バックライトOFF、側面、裏側、4枚のの写真を撮影。

ちょっとめんどくさい。。。

というのも、引き出しに眠っている不要な携帯=電源入っていないので。

逆に言えば電源の入らない壊れた端末は買い取ってくれないっぽいです。

 

4、状態や機種名などの入力

iPhoneAndroidも全機種対応している。もちろん、全機種と言いながら古いやつは全部100円査定なのだろうが。

キャリア、カラー、容量など、結構細かく入力させているのは、入力側からすると面倒な作業だけれど、1円でも高く買取ろうとする運営側の思惑でもある。

CASHよりも高く買い取ろうという姿勢はわかったので、これは高評価したいです。

 

5、年齢確認で引っかかる

「サービスをご利用いただくには年齢確認が必要です。20歳未満の方はご利用いただけません。必ず正しい生年月日を入力してください」

うう。1980/11/28は37歳のおっさんだと思うのだが、なぜか怒られる。

入力し直して再度査定を依頼するも、撃沈。

という事で、サービス利用体験はここまで。

twitterを見ていると実際に使った人の感想もあるので、自分がアク禁でもされているのだろうか?

 

CASH、メルカリNOW、MAIZOKINとの違い解説

普通の方からすると似たようなサービスに見えるかもしれないが、スママDASHとこの3つのサービスは全く異なる。「VSスママDASH」という文脈で簡単に解説をして、最後に表でまとめる。

 

1、スママDASH VS CASH

競合率:5%(ほとんど競合しない)

 CASHは即時買取アプリ ( https://cash.jp/ )で、iPhone6sより新しいiPhone、だけしか対応していない。AndroidiPhone6など古いiPhoneはダメ。スママDASHは全iPhoneと全Androidに対応しているため、このカバー率が1つめの違い。

 もう一つの違いは、上限金額と最低金額。CASHは上限2万円なのでCASHでiPhone7Plusを売っても2万円にしかならないのはもったいない。スママは上限4万円。また、CASHは最低1000円だからAndroidや古いiPhoneを取り扱わないが、スママDashは全機種対応と言いつつ、その大部分が100円買取になる。最低1000円以上値段のつく機種を比較すると、あんまり大差ないのかもしれない。

 全機種対応でAndroidや古いiPhoneも100円買取してくれるスママDash、6s以降の新しいiPhoneしか買い取らないけれども上限2万円だから新しいiPhoneを売る理由がないCASH。違いがわかっていただけただろうか?

 CASHの中でスマホ端末が占める割合、を5%と仮定して競合率は5%としました。フリマやオークションのデジタル家電率もたぶん5%ぐらいなはず。iPhone7とかiPhone8とかiPhoneXとかはCASHに売ると上限2万円でもったいないから、CASHはこの辺りだけスママDashに取られちゃうかも。

 

2、スママDash VS メルカリNOW

競合率:0%(まったく競合しない)

 メルカリNOWは今の所スマホを取り扱っていないため、わざわざ比較する必要もない。よく聞かれるので一応載せてみた程度。

 メルカリNOWではなくフリマのメルカリだったら、少しは競合になるかもしれないけれど。

「メルカリNOWはスマホ取り扱いなし」これ、重要なので覚えてくだされ。

 

3、スママDASH VS MAIZOKIN

競合率:10%(あんまり競合しない)

 MAIZOKIN( http://maizokin.gold/ )は、4月公開予定のガラケースマホ即時買取アプリなので、100%競合するじゃん!っと(主に投資サイドから)言われますけれど、実際に競合するのは多く見積もっても10%程度。

 なぜならMAIZOKINのテストで実際に届いた端末はガラケーが9割だから。1割はスマホなのでこの部分はスママDashと競合にはなるかと。

 MAIZOKINは、埋蔵携帯と呼ばれる2億台1.7兆円の使っていない資源や思い出を掘り起こそうというプロジェクトであって、機種変時に余ったiPhone6を売るというイメージよりも、引き出しに眠っているガラケーや古いスマホからデータを取り出そうという意味合いの方が強い。スママDASHは中古スマホ市場になるが、MAIZOKINは埋蔵携帯市場なので、そもそも市場が異なる=助けたいユーザーが異なる=提供価値が異なる。

 

4社まとめ

 こうやってまとめるとメルカリNOWさんがイマイチっぽく見えてMAIZOKINが最強に見えるけれど、そうではありません。ランキングでも比較表でも何でも、ポジションと切り口で内容は180度変わります。大学ランキングとかホテル比較とかもそうですよね。今回は、“MAIZOKIN運営者というポジション”で、“どんな機種が対象か”いう切り口で比較した、という事です。

 じゃあこの記事も比較も何の意味もないのかというとそうではありません。各サービスそれぞれの特徴、得意分野、不得意分野、がそれぞれある事を把握して、実際に使う人が困っている場合の参考にしてもらい、困っている人が適切なサービスが使えるようになるといいね、と思っています。

 MAIZOKINは4月公開(個人情報取り扱うので漏洩対策が大変)なので、iPhone6s以降の新しいiPhoneを持っている人は、スママDASHを使いましょう!スママDashでも上限4万円とか言いながら2万円以内でしか買い取らないのであればオススメしませんが、なんとなくスママDashは今後、高額買取を目指しそうな空気感を感じます。1つの目安として、iPhone7Plusの256GBで25,000円を超えるかどうかに注目してください。

 中古携帯の買取に関する“不”は代表的なものが4つ(どこで売るのか不明、個人情報漏洩怖い、写真データ捨てたくない、壊れているから売れない)あるのでそれが解決されるかどうかも、(人によっては)重要になります。

f:id:arakens:20180115140857p:plain

※追記、スママダッシュは電源が入らなくても買い取ってくれるという情報あり。状態で「ジャンク」が選べるため。ジャンクが画面割れなのか、電源が入らない故障を指すのか確認次第再追記します。

 

買取の値段について

 個人的には値段が高いところで買取って貰うという行為自体賢くないと考えている。知性が低いと。そんな事よりも、個人情報を業務用機械で完全削除して削除証明書を発行できるだけの技術力とか、中の写真や動画などのデータを取り出していつでも見れるようにとか、電源が入らなくても画面が割れてても対応するとか。スマホ買取に関しては値段以上に大事な事があると考えている。

 とはいえ、いくらで買い取ってくれるのかみなさん知りたいらしいので、参考までにMAIZOKINの買取価格は公開しておきます。スママDASHはこれより高いか同程度ならめちゃくちゃ良いという意味ですな。MAIZOKINがまだ4月公開という事を考えると、この表の0.8掛けぐらいの料金で、中の写真や動画のデータ取り出しも要らないという方は、スママDASHに売っちゃう事をオススメします。

 iPhoneXを売る人は居ないとして、1つ前の“iPhone7Plus傷多い普通の中古”は、参考までにMAIZOKINだと25,000円での買取になります。

 個人的に、MAIZOKINの買取金額は低いと思っています。中のデータ削除を行うために専用の業務用マシンを利用しますし、マシン代だけじゃなく、人件費も作業場所代もかかるので。実際に街中の買取店の方が高いです。

f:id:arakens:20180115141654j:plain

f:id:arakens:20180115141626j:plain

■各種リンク

https://cash.jp/

https://smama.jp/dash/events/

https://www.mercari.com/jp/mercari-now/

http://maizokin.gold/

 

本ブログに関する苦情、指摘、修正依頼等はtwitterまでリプ飛ばしてください。

@arakens

 

※サムネイルは著者撮影のスクリーンショット

不要な携帯を他社より安くでしか買い取りません - MAIZOKIN開発日記1

f:id:arakens:20171222231039j:image

MAIZOKINの…というか、あいりぺの荒木です。
おかげさまでこの2ヶ月ほど、ピッチの準備で忙しい毎日を送っていましたがようやく落ち着きました。

11月16日、17日に行われたTech Crunch Tokyo2017
[動画]

www.youtube.com

 

12月12日、13日に行われたIVS 2017 fall kanazawa(57分ごろ)
[動画]

www.facebook.com

 

4月予定のMAIZOKINアプリローンチ(リリース)に向けて、サービスを作り込んでいきます。
それまでの間は、開発の様子などをブログで書いていこうかと思います。

今日のテーマ:MAIZOKINって何ができるの?

MAIZOKIN(まいぞうきん)を使うと、できることは3つ。

 

(1)電源の入らないガラケースマホの写真・動画を取り出して、スマホから閲覧できるように


不要なガラケースマホって家に保管していませんか?
関西大学の調査によると、日本には2億台、1.7兆円分の「埋蔵携帯」が眠っているそうです。
たしかに、使っていない携帯があるという人は、あいりぺの調査でも96%にものぼるアンケート結果でした。
画面が割れていて操作できないとか、ずっと使っていなかったからバッテリーが死んで電源入らないとか、電源も入るしデータ見れるけどその端末にしか入ってない写真だから捨てられないとか。

そうした家に眠る埋蔵携帯を5台でも6台でも全部MAIZOKINに送ると、中の写真/動画データが全部抜き出されていつでも自分のスマホから見れるようになります。

 

デモ動画

youtu.be

※現在は体験版のためデモで見せているアプリはありません。
※LINEで買取依頼を出して、写真や動画の閲覧用のURLが送られてきます。

電源がつかなくても、壊れていても、ガラケーでも全部大丈夫。
全部抜き出して、一箇所にデータを保管して、すがすがしい気分になりましょう。

1台につき買取代金から2000円取り出し料を取ってますので、「無料でやってくれるとか信用してない!」みたいな事は無いです。

しっかり、適正な作業代は貰いますので。

5台ガラケースマホMAIZOKINに出して、3台からデータを取り出すなら6000円頂きます。

 

 

(2)データを取り出した後は、業務用機械で完全データ消去


MAIZOKINでは前述のように、ガラケーでもスマホでも、何台でも、中のデータを取り出して、お手持ちのスマホから閲覧できるように一箇所に保存します。
んでも、データの漏洩って怖くないっすか?
若気の至りで痛ってしまったアレ写真とか、若気が至った黒歴史写真とか。漏れたら爆死できますよね。
MAIZOKINでやってくれることその2は、データを取り出したあとのガラケースマホ内のデータを完全消去します。
iPhoneでもAndroidでも、端末の操作で初期化ができるんですけれど、万が一この初期化済みの端末が我々の様な専門業者の手に渡った場合、ぶっちゃけ、元のデータ復元できます。ヤバイですよね。初期化だけじゃ、黒歴史は消せないんです。

 

じゃあどうするかというと、世界標準で完全にデータを消去する機械がありまして、携帯キャリアもそれを利用しています。


なんとなく固有のメーカー名や商品名を伏せますが、世界標準だと2つが有名です。
1つは、データの復元をする際に必要な復元キーを削除してしまうという機械。
もう1つは、意味のわからない乱数を上書きしてから削除することで、復元できるのは上書かれた乱数だけという機械。

大事なことなのであと、2回言いますね。

 

初期化だけじゃ、黒歴史は消せないんです。

初期化だけじゃ、黒歴史は消せないんです。

 

MAIZOKINを使うと、データの完全消去は無料で行います。
データ消去証明書も発行できるので、個人じゃなく法人で社用携帯のデータを完全消去して捨てたいとかでも利用してください。取り出しは2000円ですけど削除は無料でやります。本当は機械の利用料とか作業料取りたいんですけど、埋蔵携帯を処分するキッカケになれば良いなと思って居ますので、我慢します。

 

 

(3)買取ってリユース又は0円で引き取ってリサイクルします


ということで、中のデータを一箇所に保存した上で、データ完全消去してくれると。
そこまでやったらその携帯は、貴重な資源です。
リユース品として再び誰かの手に渡るか、リサイクルとして中のレアメタルを取り出したり、修理部品としてカメラだけ取り出したり、中古車みたいに活用されると思ってください。

そのため、古さと状態に応じてMAIZOKINが買い取ってくれます。
これが、MAIZOKINでできること3つめの、現金化ですね。

金額目安としては、iPhoneXPERIAとGALAXY以外0円だと思っておくと、過度な期待をせずに済むかと思います。

 

というのも、最近、ネットのスマホ買取り業者に対する苦情が国民生活センターに多く来ているらしいのです。

 

参考記事:「宅配買い取りサービス」のトラブル増加 国民生活センターが注意を呼びかけ

nlab.itmedia.co.jp

 

記事を読んで超、同意しました。
だって、ネットの買取店って「1円でも高く買い取ります」とか言い出すから、ユーザーに優しく無いんですよね。

 

例えば、iPhone6を売る場合を想像してみてください。

 

iPhone6 買取り」

 

とかググったりすると思うんですけど、みんな多分、1円でも高く売りたいと思ってますよね?

 

例えば、買取り金額の比較サイトでiPhone6 16GB AUを検索すると、買取り金額が一番高く表示された買取額は

25,050円

です。ちなみに、iPhone6はMAIZOKINだと3,000円でしか買い取りません。

 

すごくないですか!?

MAIZOKINだと3,000円にしかならない、iPhone6が、25,050円で売れるんですよ!!

 

まじで神ですよね!!

 

ヤフオクだと7000-10000円ぐらいでiPhone6出品されてますので、じゃあヤフオクで7000円で100台買って、25,050円で100台売ったら

182万円儲かると。


…思う人がたくさんいるので、トラブルになって国民生活センターに相談が来まくってるわけですな。


ネット買取店から刺されたくないのでサイト名などは伏せますが。

 

要は、一番高い値段を提示しているわけですね、ネットの買取店は。

だいたい中古品の流通って、
S:未開封品
A:未使用品
B:傷もなく超綺麗
C:軽い傷はあるが綺麗
D:使用感があり傷多い
J:壊れているジャンク品

※SとAをまとめてSにしてABCJの場合もある

 

こんな感じに分かれるんですけど、iPhone6が25,050円で売れるのって、未開封品だという。
でも、中古品でiPhone売る人って、当然ながら持っている携帯は99%ぐらいの人がDランクを持っているはずで。

 

なので、MAIZOKINでは期待させないようにDランクだと思って3000円って書いてます。
※ちなみにBランクだと6000円で買い取りますけど、多分iPhone6は古いのでBランクは殆どないです。

なので、1円でも高く買い取る系のネット買取店には気をつけてねーっと。
見分ける方法は無いです。良心的な店もあるのでわからないです。

余談ですが最近CASHとメルカリNow出来たじゃ無いですか。即時買取。

MAIZOKINも4月のアプリリリース時には即時買取やりますけど、CASHやメルカリNowとMAIZOKINどうちがうの?なんて(特にベンチャーキャピタル的な方から)聞かれます。

さっき25050円なんて誇大広告の話をしたiPhone6ですが、じゃあCASHとメルカリNowはiPhone6をいくらで買い取ってくれるのか。

 

正解は…

 

CASH 買取NG

メルカリNow 買取NG

 

どちらも1円でも買い取ってくれません。

むしろ、こちらからすると

 

「むしろ、なんで買い取ってくれると思っているのか?」

 

という話なんですが。。。

CASHは買い取った端末をリユース店舗に売って利益を上げるので、比較的新しい端末しか対象じゃ無いんです。。iPhone6は対象外。買取商品選ぶときに選べません。。

 

メルカリNowは、そもそもスマホは買取対象外。ファッション系多いかな。

 

こんな感じでガラケースマホも、売りづらいわけ。誰も売らなくて結果、2億台も埋蔵されていると。だからMAIZOKIN頑張ります。10万近くする端末を2年使って買って引き出しに眠らせるとか勿体なさすぎる。もはや、都市問題。

 

あと、iPhone6が2万買取みたいな、そういう騙すようなことをしている業者が、「完全データ消去をしている」とかネットに書いていても、自分は信用していないので、データ漏洩にはお気をつけを。

まとめ:
1、中のデータを取り出して
2、完全データ消去して
3、買い取る(or0円引き取り)

 

これが、MAIZOKINでできることです。

年末の大掃除で、ガラケースマホも大量に出てくるでしょうから、MAIZOKIN(体験版)使ってみてくださいねー。

※体験版は、アプリではなくLINEで買い取りしています。

MAIZOKIN体験版

maizokin.gold


体験取材など歓迎しておりますので、twitterやFBやあいりぺなど、どこからか連絡下さい。

 

IVS 2017 Fall LaunchPadまとめとMAIZOKIN補足

f:id:arakens:20171213180834j:plain

photo by :IVS公式twitterより借用

 

2017年12月13日8:45、金沢で開催されたベンチャーの祭典IVSの目玉企画であるLaunchPadが開催されました。

(1)LaunchPad結果メディアまとめ

日本経済新聞
スタートアップの祭典、金沢で開催 事業アイデア競う

www.nikkei.com

THE BRIDGE
IVS 2017 Fallのピッチコンペティション「LaunchPad」の優勝は、荷物一時預かりオンデマンドサービスの「ecbo cloak」が獲得 #ivs17f

thebridge.jp

 

TECHWAVE
IVSローンチパッド結果速報 優勝のECBOが荷物移動サービスを表明 #IVS17F

techwave.jp

 

TechCrunch
Launch Padの第1位、店舗の空きスペースをコインロッカーに変える「ecbo cloak」に

jp.techcrunch.com


(2)荒木個人メモ

最前列でプレゼンを拝見していたので雑感をメモ

1.助太刀くん
建設現場と職人をマッチングするサービス。
アナログな業界でIT巨人(FBやgoogleやYahooや楽天など)が中々入ってこれない領域という事で市場を独占する可能性がある。
特に、将来的に職人さんの与信からローンやマイクロペイメントなどの可能性に魅力を感じた。


2,nimomin
民泊を合法的に運営するために、法で決められた年間180日を超える部分をマンスリーマンションとして提供する事で、年間を通して合法的に民泊運営者の収益を最大化するサービス。
既存事業で民泊へのシステム提供を行っていた問題意識からの発想はいい感じだけれど、正直自分は民泊とあまり関係ないので刺さらなかった。
社会的には必要なサービスだと思うが、法律が変わったらどうなるかも気になる。
この事業でスケールと言うよりは、既存事業の補完で民泊総合という形で堅実に成長できそう。


3,ホテル番付
ホテル経営に必要な(ネット上に分散する)料金設定のデータを分析してホテル経営に生かすシステムを提供。
さらに、ホテルの業務改善まで持っていけるのはめちゃくちゃすごい。
導入実績もあるので今後も伸びそうだけれど、ゴリゴリのITなので大手の模倣対策が今後大変かと思われる。
ホテル側も宿泊予約サイトや色んな業者と付き合うのは大変なので、紅白のR社とかちょっと怖い。


4,ecbo cloak
荷物を預けたい旅行者と、空きスペースで荷物を預かって収益や集客に活用したい店舗をマッチングするプラットフォームを運営。
最高。自分が審査員でも1位はecbo cloakだった。
特に、荷物を預けるだけではなく、預けた荷物を移動させる事が出来るのは最高。
空港と提携して、機内搭乗時に預けた荷物がチェックインまでにホテルの部屋に届いているという未来も来るのかと思うと、グローバルに楽しみなサービス。
個人店などに預けると荷物の管理セキュリティー(紛失、破損、盗撮、盗難)だけちょっと気になるけれど、そこは保険や相互評価与信などでなんとかなるか。


5,MAIZOKIN
家庭に眠る2億台1.7兆円の携帯電話を、中の写真や動画データを取り出した上で買取るサービス。
たしかに、会場中の人が自宅になんらかの端末を眠らせていた。
CASH+Dropboxのようなアプリで、現在は体験版としてLINEで買取を行っている。
1000台以上のスマホを修理してきた技術から、データの取り出しや完全消去に強みを持つ一方で、ユーザーにそれをどう信用してもらうのかは気になる。
また、正式サービスが4月公開という事で市場規模は大きいものの本当に市場を作る事ができるのかはまだ未知数だが、参入はあまり無さそうだからうまく立ち上げる事が出来れば中古市場の独占があるかも。


6,HACKFON
アナログ電話をデジタルなリモコンにするサービス。
アナログ電話の5番を押して、Amazonダッシュボタンとして米5kgが送られてくるというデモはめちゃくちゃ面白かった。
一方でシルバー向けの展開は、どうやってユーザーを獲得するかが問題。
説明では、クラファンで30代から40代の目新しいものが好きで、アナログ固定電話を使っていた層にリーチしてから、シルバーに拡大すると言っていたがこれは怪しい。
自分自身37歳のおっさんだが、わざわざアナログ電話を買って家に置くぐらいならスマホAmazonを利用するし、Amazonダッシュボタンを利用する。
うーん。。もう少し。

 

7,OQTA(鳩時計)
最高。審査員特別賞をあげて欲しかった。
IoT鳩時計で、アプリからボタンを押すと鳩時計が鳴る。
使い方は、遠く離れた母親の家に設置して、子供たちが電話するほどじゃないけどふと母さんを想った時にボタンを押し、鳩時計が鳴る事で気持ちが伝わるというもの。
正直、IoTでまともに継続的な収益を上げる事は至難の技で、クラファンでどれだけ話題になったものでもその後事業として運営できているIoT製品はMAMORIOぐらいしか知らない。そのため、鳩時計も多分無理だとは思う。
けれども、1年か2年爆発的に流行って爪痕を残す事はできるので、是非ともフライングで投資がある事を祈りたい。
いや、本当に最高。

 

8,hololive
アニメキャラクターを専用のコントローラーで動かしながらできるライブ配信サービス。
ゲームとの親和性も高く、実際のテスト配信でも台湾の17Liveを使った配信で数万人のユーザー視聴を得たらしい。しかも、日本のキャラクターコンテンツクオリティは海外でも高く評価されているのでチャンネル選択時に目立ち、選ばれるという説明もしっくりくる。
事業として成り立ちそう。

 

9、BE THE HERO
酔わずに楽しめるVRゲームシステム。
たしかにVR酔いは実在するので、その問題を解決するサービスと言うのはあり。
特許も出願しているので、その特許をかいくぐって他社がVR酔いの改善をしてくるまでは時間が稼げそう。
どこかのゲーム会社が買ってくれそうだし、事業はどうにでもなりそうだけれどIPOまで行って継続的に収益を上げられるかはイマイチよく分からないっす。

 

10,Stock
少人数向けのチームプロジェクト進行管理ツール。
LINE、SLACK、チャットワークなどはタイムラインなのでどんどん埋もれてしまうが、Stockは名前の通りストック型。デモを見る限りだとevernoteに似ていた。
たしかに、仲が良くなればなるほどどうでもいい投稿でタイムラインが流れていくので、Stockは良いかも。
とりあえず使ってみたい。

 

11,エー
Slack連携の個人モチベーション管理ツール。
チーム内の誰とどれぐらい会話したのかなどコミュニケーションを管理画面で可視化する事によって、モチベーションを把握したり、手遅れになる前にチームメンバーのケアができる。
正直、この辺りの分野はよく分からないけれどすでに導入実績が700社あるという事でその検証でポジティブな結果が出るのであれば事業として成り立つのかと。
なかなか参入してこない分野なので、うまくいけば独占できるのかも。

 

12,fanp
チャットボットからの広告。
というかプレゼンターが若くて超元気。どうにかなりそうな気がする。
健在ユーザーではなく潜在ユーザーのCVRが低いという課題に対して、FBチャットボットを利用する事でユーザーにアクティブな回答をさせて適切な案内を出したり、後日msgを送ったりできるというのはとてもよろし。しかも、その顧客データが積み重なるのでスイッチングコストも高い。
ええ感じだと思いました。

 

※個人の感想なので、あくまで参考までに。

 

(3)MAIZOKIN運営のあいりぺCOOとして雑感

現在、12月13日16:30、LaunchPadとランチミートアップを終えて、IVS道場で諸先輩方の大変ためになるトークを拝見し、ホテルへ戻ってきました。
ありがたい事にMAIZOKINへ買取依頼がちらほら来ているので仕事をしつつも、LaunchPadで入賞できなかった現状の気持ちについて、後日の自分のために、または来年以降LaunchPadへ登壇されるスタートアップ経営者のために、メモを残しておきます。
※会場ではセッション中につき、現在登壇されている方申し訳ございません。

 

IVSは前回の神戸開催時に、登壇者の方から招待を頂いて初めて参加をしました。
私自身、昨年まで街中の中小企業を起業経営していたためスタートアップの生態系自体詳しくなく、初めて参加したスタートアップ系イベントでした。
そして、そこでLaunchPad登壇を目の前にし、「次回は参加者側ではなく登壇側としてIVSに参加したい」そう決意して、今回の金沢開催のLaunchPadにエントリー、運良く弊社CEO河合が登壇をさせていただく事が出来ました。
※本番で「MAIZOKINの荒木」と案内されましたが手違いでして、プレゼンしていたのは荒木ではなくCEO河合です。

 

予選について
書類審査からの二次審査の案内が来るのですが、メールの内容を読んで衝撃を受けたのは、LaunchPadはデモを重視しているため、デモがないサービスは最終審査には進めないという記載があったこと。


MAIZOKINは来年4月公開に向けて準備していたため、デモなどありません
丁度、iPhoneXの発売でappleStore表参道店に徹夜で並んだ翌日、デザイナーに来てもらってデモを作りたい旨のうち合わせを行いました。

 

デザイナー「じゃあ月曜日から作り始めますね」
荒木「…ごめん、急ぎなんだけど、無茶ぶりしていい?」
デザイナー「いつ使うものなんですか?」
荒木「火曜に使うから、日曜までにデモが欲しい、そしてそれを月曜に修正したい」

※この打ち合わせを行ったのは金曜の夜

 

こうして、デザイナーが土日徹夜して仕上げたUIを月曜に修正して、動くデモを作り。なんとか二次予選を通してもらいました。
そして、某友人の会社はデモの用意が間に合わなく、きっちりと二次予選で落とされました。

最終予選に向けてデモの時間も長めにとり、最終予選もなんとか通してもらいましたがギリギリだったと思います。これまた別の友人の会社は、二次予選で指摘したデモがイマイチ改善されていなくて不十分という理由で、最終予選で姿を消しました。

今後IVS LaunchPadへエントリーする起業家の皆さん、とにかくデモ命です。

 

本戦について
月曜の前夜祭ウェルカムパーティーから参加しました。
登壇者のCEO河合は当然ながら招待され、あと1名来てもいいということで、感謝の意味も込めて、前述のデモを徹夜で作ったデザイナーを連れて行くことにしました。
※荒木は別枠で招待を確保済みだったため

 

前夜祭ウェルカムパーティーでは様々な方と名刺交換しながら情報を交換し、飯を食い、酒を飲み。
そして、21:00からは「のどぐろ食べたいなー」と言いながらも、ホテルに篭ってピッチ資料のブラッシュアップを深夜1時まで。

 

火曜

IVS初日は一通りのセッションを見つつ、ピッチ資料を最終調整して提出。
夜のパーティーでは様々な方たちと交流しながら、心はここにあらず。
翌日のLaunchPadに向けて、登壇する河合は深夜までピッチの練習を行っていました。
自分が登壇者であれば、アレコレ口を出されずに信じ切って欲しい。そう考えたため、この日は荒木はピッチの練習には付き合わず、朝まで呑んだくれて初日を終えました。

 

そして13日水曜

最前列を確保するために8:15には会場入り、開場と共に最前列を確保しました。
MAIZOKINの登壇順は5番目、そしてその時間はやってきました。

ガラケースマホをお金に変えるというサービスです。MAIOKINの荒木さん。」

…手違いで荒木の名前が呼ばれ真ましたが、段上の河合は動揺せず「MAIZOKINの河合です!」とピッチがスタートしました。途中、油揚げが滑ったものの、順調に笑いを誘い、時間内にピッチを終えることが出来ました。

結果は入賞(5位以内)ならず残念ではありましたが、清々しい思いでMAIZOKINのLaunchPadは終えました。

終わってから頭によぎったことは、これでユーザーに集中できるということ。
そもそも、MAIZOKINはスマホ利用者に快適な体験を届けるために必要だったから開発を行っているわけで、当然ながらコンテストに出るために作っているものではありません。
これから4月のサービスリリースまで、体験版のユーザー行動だけにコミットして開発を行っていきます。

 

(4)MAIZOKINのFUTUREPLANとQ&A

LaunchPad終了後のランチミートアップでは様々な方に良かったよ!と声をかけていただきました。
そこで聞かれた質問について、こちらで回答することで説明がわかりづらい部分、省略した部分などを補足させてください。

 

Q1、資金調達はされるんですか?
A1、はい。これから動きます。むしろアフターパーティーで個人投資家さんやVCさんを探そうと思っています。


Q2、MAIZOKIN1.7兆円と言いながら、ガラケーや古いスマホなど資産価値が0円の端末をメインに0円で引き取るのはサービス名の印象といまいち整合性が取れ無い
A2、ユーザー訴求実験の1つです。市場があるのであればあとは適切な経営チームと適切な掘り方で掘れると考えており、そのためのユーザー訴求テストとして「あいりぺBOX」「MAIZOKIN」などとテストサイトを公開しています。
ユーザーの心に刺さる訴求仮説として、完全データ削除処分、思いで写真が観れる、引き出しの埋蔵携帯が現金化、即時買取の4つがあるのではないかと考えており、アクセス数や登録数など数値を追って、検証を行っています。

そのため、MAIZOKINという名前に違和感を生じさせているかもしれません。
このご指摘は、正式リリース時には解消します。


Q3、埋蔵携帯を一周刈り取った後にどうするかですよね
A3、そう、そこからがスタートです。
MAIZOKINは実は弊社がユーザーに提供したい「10の体験」の1つでしかありません。
下図で言うところの、5クラウドストレージと6買取が今回のMAIZOKIN(またはあいりぺBOX)で補完されます。

f:id:arakens:20171213182106p:plain


我々は、「10の体験」を提供することによりprime会員年会費事業を行い、中学生から99才のおじいちゃんまで、誰もが快適な携帯体験を過ごせるという未来を描いています。

例えば主婦の方が機種変をする場合、現在はキャリアショップや家電量販店で説明を受けて、よく分からないなりに店員さんのお勧め機種を購入し、自宅に帰り、説明書を見ながらSIMを載せ替えて、時には息子さんへ電話をしながら、機種変を行うことになります。
そして、旧端末に写真や動画などが残り、LINEのやりとりデータも消え、引き出しに埋蔵される。
これが現状です。

弊社から提供する「10の体験」が揃った場合はどうでしょう?
同じく主婦の方が機種変をする場合、
1、MAIZOKIN(またはあいりぺBOX)アプリを立ち上げ
2、現在利用している端末情報を蓄積分析することでお勧め端末が表示
3、1タップで購入
4、端末を持った弊社スタッフが自宅へ訪問、データやLINEの載せ替えを行い
5、不要な写真などはストレージ機能へ保存し、旧端末をその場で買取ってもらい
6、チャージされたお金でフィルムやケースなどをその場で購入し付けてもらい
7、わからないことのよろず相談をする

これで、日本中誰もが快適な携帯体験を享受できます。
もう、キャリアショップに行かなくていい。
もう、どの機種を選べばいいか迷わなくていい。
もう、写真や動画はいつでも全部観れるし、捨てなくていい
もう、端末が埋蔵しない。
もう、フィルムを自分で貼って失敗しなくていい
もう、家まで来てくれて全部やってくれる。

埋蔵携帯を一通り刈り取った後は、こんな世界観を目指します。
ちなみに、平均2年で機種変しますので、全部刈り取ったとしても毎年250億円分埋蔵携帯が増えているので、買取だけでも一定の市場があります。


Q4、IoTやVRなど他社は新しい技術にチャレンジしているが、MAIZOKINはどんなカテゴリーなのか?
A4、自社内では、フィンテックに位置付けています。
買取った端末の代金は即時チャージされ、出金申請を経て銀行振込になるわけですが、このチャージされた現金を活用して、グッズ販売や他事業にどう活用して回していくか、が1つのテーマになります。

 

Q5、実際に利用者数の伸びとかどう?
A5、4月公開のためまだ公開できるトラクションがありません。
MAIZOKIN体験版を観ていると、LINEで買取りになるのですがそのLINEへの登録は2週間で300件ほどです。


Q6、アナログなアライアンスで端末を提供してもらってはどうか
A6、はい。様々な企業とアライアンスを検討しています。
携帯キャリアさん、引越し業者、賃貸物件仲介不動産、パソコンスクールなど、様々な業種とパートナー契約を結ぶことで、引き出しに眠る2億台を取り出そうと考えています。


Q7、取り出したデータは最初は懐かしくて感動するだろうが、3日間ぐらいで飽きる。その後、そのデータをどう活用していくのか。
A7、ユーザーサイドではクラウドストレージの様に観たいときにだけ見るという体験で良い。
ビジネスサイドとしては、弊社から提供する「10の体験」をユーザーに届けて、どこにも模倣されない最高の携帯ライフを送ってもらうために、ユーザーにアプリをインストールしてもらう必要があります。
その入り口の役目を、MAIZOKINアプリが担います。
MAIZOKINアプリを消してしまうとデータは一生見れませんから、削除可能性が低いアプリです。
ここから、例えばiPhoneXが再起動ループするバグが発生したときにPush通知で解決法を提供したり、「携帯で困ったらMAIZOKINアプリ」という第一想起を取ることが目的です。

削除されづらいMAIZOKINアプリを入り口に、あいりぺ経済圏の提供を通じて快適な携帯ライフを提供していきます。


Q8、収益化はどこでやるんですか?
A8、データの取り出し料と端末の売却益が目の前の収益です。将来的には、データを握ることで他事業への展開によりLTVを伸ばしていきます。
ちなみに、データの取り出し料は在庫にもならず端末の売買よりもかなり利益率の高い収益です。
例えば3年前に発売されたiPhone6は、CASHさんのアプリでは古すぎて買取り対象外です。
しかも、中のデータを取り出すなどという面倒で属人的な作業はIT企業には不向きで、後発模倣される場合には街の修理屋などとパートナー契約を結ぶことでしか実現できないでしょう。そして、それは利益率に直結します。

我々は、他社が買い取れない古い端末、ガラケー、画面の割れた端末、電源の入らない端末で、収益を上げることのできる唯一の買取りサービスであることが1つの強みです。

 


最後に。
あいりぺ、およびMAIZOKINに関わる全ての方へ感謝申し上げますとともに、事業連携、パートナー契約、出資オファー、買収(数年後)など、何かご一緒にできることがございましたら、ぜひお声がけいただけましたら幸いです。


99歳のおじいちゃんでもスマホで困ったことがあれば、家まで訪問して全部やってくれる世界を作ります。

f:id:arakens:20171213182406j:plain

photo by :IVS公式twitterより借用 

http://maizokin.gold/ (体験版)

https://www.facebook.com/kenjiro.araki.9

https://twitter.com/arakens

 

iPhoneXが無限再起動繰り返した事で、なぜ自分が「あいりぺ」をやっているのか思い出した話

おはようございます。

12/8朝、8:30に起きてDMMおかんの掃除する方を家に受け入れて、iPhoneを見ると死ぬほど熱い。10-20秒で画面が落ちて真っ暗になってしまう。

何かの不具合かと軽くググ…ってる最中にも画面が真っ暗になって落ちる。

 

PCからググって結局1時間弱で解決したので、やりかたシェア

 

1、apple公式情報

support.apple.com

  1. 「設定」>「通知」をタップします。
  2. App をタップし、「通知を許可」をオフにします。すべての App に対してこの操作を繰り返します。

 

公式情報によると、どうも通知部分に不具合の原因があるらしく、早速トライ。

画面が落ちた後立ち上がって、設定から通知をタップ、入れているアプリが一覧で並んでいるので、1つ選んで通知をオフに…した辺りで画面が落ちる。

 

あれ?

1個オフにするのが精一杯ぐらいの時間しかiPhone使えないって事は、インストールしているアプリを全部オフにするって…100回じゃ足りんわな。。

という事で、apple公式情報は現実的には使えない事が判明

 

2、力技(Wi-Fiある人のみ)

さらに調べていくと、やはり不具合を直すにはソフトウェアアップデートだと。

画面が落ちて立ち上がったタイミングで、高速で、設定→一般→ソフトウェア・アップデート。

そしてインストールを押し…辺りで画面が落ちる。何度も高速チャレンジをして、ようやく画面が落ちる前にインストールボタンの押下に成功…したと思ったら、Wi-Fiに繋がっていないとインストールボタンは押せないらしい。

 

画面落ちからの起動、起動中のアプリ一覧を開いて、設定、一般、ソフトウェア・アップデート、WiFIオン、インストール!!

 

10回ぐらい試してようやくインストールボタン押下

ここからは、同様の作業でアップデート画面を確認して、進行を示すバーが徐々に100%に近づいている事を確認しながら、画面落ちと戦う。

 

ダウンロードが終わると、インストールするかアラートが表示され、パスワードを入力…している最中に画面が落ちるので、これも何度も高速でトライしながら何度目かで突破。

 

インストールが終わると強制再起動でリンゴマークが表示され、何度かの画面落ちを繰り返したのち、無事アップデート完了。画面落ちはなくなった。

 

 

3、PCを使う

アップデートさえ終わらせられれば解決するので、PCとiPhoneを接続して、PCでiTunesを立ち上げ、iPhoneマークタップからの、概要からの、アップデート、でも問題ない。

 

 

4、雑感など

朝の貴重な1時間を無駄にしてしまったので、せめて無駄にならないようこうしてブログを書いている。

今回の画面落ちループは、ググる暇を与えてくれない辺りでネットリテラシーない人は泣くしかないような気がする。

こういう時に、近所の3キャリアショップに修正方法書いた紙を置いといてくれるとか、そーゆーことしてくれるといいんだけれどそうも行かず。

iPhoneで困った時にまずどこを頼るか?

いわゆる第一想起は、自分の中ではtwitter、2番目がgoogle

 

昔は、こういう時の第一想起はdocomoショップだった。

docomoっとググって、docomoショップのホームページを見て障害情報とかチェックしたり、実店舗に持って行って相談したものだ。

しかし、今はもうあの優しかったdocomoショップは居ないのだ。

 

5、docomoショップじゃ何もできない

37歳でITリテラシーそこそこ高い方の自分が朝の1時間弱を犠牲にしてアプデ対応するのだから、地方の主婦とか会社員のおじさま方とかは泣くしかないと思う。

先日、仕事の関係でdocomoの方とお話しする機会があった。

自分は、筋金入りのdocomoファンだ。

ポケベルのセンティーFから始まり、PHSガラケーたくさん、XPERIA初代、XPERIAacro、GalaxyNote、GalaxyNote2、iPhone5s、iPhone6Plus、iPhone7Plus、iPhoneXと、docomoが提供する端末を、時代に合わせて乗り継いできた。

昔は壊れた時はとにかくdocomoショップへ駆け込んだものだ。修理や、入院からの代替機、無料交換、電池パック無料プレゼントなど、年に数回はdocomoショップに通ったものだ。

待ち時間の合間に新しい機種を見たり、キャンペーンについつい応募してしまったり、docomoショップとの関係を作って来た。

そして、それは決して蜜月な関係ではなく、自分の片思いだった事に気がつかされる事になる。そう、iPhoneの登場だ。

 

6、ある日、iPhoneの画面が割れた時のこと

3年前、iPhone6Plusを使っていて画面が割れた時、友人の河合くん(仮名)が画面割れたまま使ってると人からだらしなく見えるから修理した方がいいよ(※合コンでモテないぞ)とアドバイスをくれた。ちょうど、彼がiPhoneの修理屋として起業する直前の事だ。当時、docomoラヴだった自分は当然docomoに毎月数百円支払って保険に入っていたので、docomoショップ行ってくるわと河合くんの修理申し出を断った。

今でも覚えているのが「iPhonedocomoショップ持って行っても受け付けてくれない」という河合くんのアドバイス。やはり恋は盲目なのだろうか、当時docomoと蜜月な関係だった私はそんな河合くんのアドバイスを無視し、

appleではなくdocomoに毎月保険を払っていて、docomoショップで修理してくれる」と頑なに自分の意見を変えずdocomoショップ新宿東口店へ行き、そしてポケベルから始まったdocomoショップとの関係に亀裂が入っていた事に気がつかされた。

 

iPhonedocomoショップでは修理などを受け付ける事はできません」

「(…うそだろ?と半笑いしながら)docomoに毎月保険を払っているのですが」

「それは修理ではなく、新品の端末が自宅に送られてくるサービスになりますので、こちらに電話してください。」

十年以上続いたdocomoショップと自分との破局の瞬間だ。

そして、大げさではなくこの日が本当にdocomoショップに行った最後の日になった。

 

7、自分で新品交換した時のこと

せめてdocomoショップで新品端末の配送手配をしてくれればいいのに、直接電話してくれというので電話して端末を手配、ある休日に端末が自宅に届いた。

中を開けると新品の端末と説明書、1時間ぐらいで終わるかなっとSIMを載せ替え、新しい端末に電源を入れ、データ載せ替えが必要だと気が付いてSIMを古い方に戻し、バックアップを…取ろうとしたらパソコンの容量がいっぱいで、ググって対応策を探し、表示されるアラートの意味をググり。

昼前に始めた新品端末への載せ替えが終わったのは19時頃だったのを覚えている。

自分がこんな思いをするんだったら、自分よりもっとリテラシーのない人はどうしているのだろうか?docomoショップがやらなくなった今、だれが対応するのだろうか?

 

8、そしてあいりぺへ

docomoショップが何もしてくれなかった件、自分でやったら半日かかった件、河合くんへ愚痴を言っていると、だから出張修理が必要なのだという。出張修理であれば時間は20分程度、端末交換ではなく割れたパネルだけを交換するからデータの載せ替えも要らず、そもそも割れた時だけ修理依頼をすればいいから毎月数百円の保険を払う必要もないと。

それからあいりぺへ出資し、昨年7月からはCOOとしてフルコミットしてあいりぺのビジネスを進めている。

[1]出張修理、[2]レンタル、[3]カラーリング、[4]育成研修、そして現在取り組む[5]即時買取事業と[6]クラウドストレージ事業。

まだ始めていないが、7番目の事業は[7]中古端末の販売になるし、8番目の事業はケースやフィルムなど[8]グッズ販売事業になる。

この基幹8事業に加えて、提携業者と一緒に[9]保証/保険と[10]格安SIM、合わせて10のサービスを提供する事で、あいりぺが1つの目標とする世界観が実現する。

 

docomoショップの代替。

 

例えば、自分が半日かかった画面割れ対処も、あいりぺアプリを立ち上げて「画面割れ」をタップ

どんな機種を使っているかは事前にアプリ側で把握できているため、

・端末を修理すると-10000円

・端末を割れたまま売ると+10000円

・端末代替機を借りると-3000円/週

・同じ端末を中古で買うと-25000円

・フィルムを貼ってがまんすると-1000円

など、瞬時に選べる解決法が表示される。

修理をタップして日時場所を指定するとあいりぺが出張修理に来てくれて瞬時に元どおりになる。

 

機種変更も簡単だ。

あいりぺのECサイトから新品中古好きな端末を選んで、データ移行オプションにもチェック。

あいりぺの修理人が自宅まで端末を持って訪問し、データの載せ替え、LINEの載せ替え、旧端末の買取、フィルムの貼り付け、格安SIMの提案、アプリのインストール代行などその他困っている事のよろず相談、を行う。

面倒な事は全部訪問してやってくれる未来が来る。

 

9、docomoショップを作る

ここまで説明して気がついたかもしれない。

あいりぺはテクノロジー(アプリ)とアナログ(全国の出張修理人)両方を使ってdocomoショップを作ろうとしているのだ。

しかも、docomo/au/softbankとは関係のない、全てを取り扱える家電量販店の様な、出張型のショップを。

 

話を戻そう。

朝起きて、手元のiPhoneが10秒に1回画面が落ちて使い物にならない時。

ガラケー時代は、docomoショップが全部やってくれた。

今は、twittergoogleで検索して自分でどうにかするしかない。

将来は?

朝起きた時点であいりぺアプリからPush通知で対処法が自動配信されているはずだ。修理人も1タップで呼べる。安心してくれ。

 

今は、出張型のdocomoショップを作るために、10の事業を作っている最中ということ。10の事業が揃い、出張型docomoショップが完成したら、そこからがやっとスタートで、ここから先の野望はまだ社内のみに止めておく。

 

ああ、、仕事なのか趣味なのかライフワークなのかわからないけれど、高いスマホ買って捨てる消費経済ファックで、修理して使うとか、買取に出して次の人が使える様にするとか、素材としてリサイクルに回すとか、自分らが「リペアエコノミクス」って読んでいる、そういう循環型の産業にしたい。

 

だから、引き出しに眠っているガラケーとかスマホ、中のデータを取り出し(-2000円)て、業務用機械で中の個人情報を復元キー毎完全消去するので、端末提供してくだされ。電源が入らなくても、画面が割れてても大丈夫。

3年以上古いものは0円買取だけど、iPhone、Galaxy、XPREIAはお小遣いになるかも。

 

MAIZOKIN

maizokin.gold